AX
  1. HOME
  2.  > 独り言(音楽ネタ)
  3.  > 「andymori ラストライブ」@日本武道館 セットリスト #andymori

「andymori ラストライブ」@日本武道館 セットリスト #andymori

本日2014年10月15日(水)に日本武道館で行われるライブをもって解散するandymoriアンディモリ)。


そのラストライブもついに終わってしまいました。
FM802やSPACE SHOWER TVが公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」で見た方もいたでしょう。
私もアプリで見ました。

解散するバンドとは思えないライブでした。
明日以降も普通にライブやってそう。

syrup16gも復活したし、andymoriもありそうな気がするのは私だけでしょうか。

ちなみに私は武道館まで行って音漏れを少々楽しんできました。
後は、記念に写真をいくつか。

andymori ラストライブ 武道館

というわけで、本題、ラストライブのセットリストです。

andymori ラストライブ 武道館

2014.10.15 andymori@日本武道館 Setlist

01. ベンガルトラとウィスキー
02. 愛してやまない音楽を
03. everything is my guitar
04. グロリアス軽トラ
05. 青い空
06. ハッピーエンド
07. スパイラル
08. ボディーランゲージ
09. MONEY MONEY MONEY
10. 遠くへ行きたい
11. ジーニー
12. 空は藍色
13. サンセットクルージング
14. 都会を走る猫
15. Sunny Side Diary
16. ダンス
17. ネオンライト
18. インナージャーニー
19. クレイジークレイマー
20. サンシャイン
21. 宇宙の果てはこの目の前に
22. 夢見るバンドワゴン
23. 16
24. おいでよ
25. Sunrise & Sunset
26. シンガー
27. カウボーイの歌
28. 路上のフォークシンガー
29. ベースマン
30. FOLLOW ME
31.クラブナイト
32. 兄弟
33. 投げKISSをあげるよ
34. すごい速さ
35. それでも夜は星を連れて
---encore---
36. 1984
37. andyとrock
38. ユートピア
39. 革命
40. Peace
41. Life Is Party
[スポンサードリンク]

全41曲のセトリ。

【サイト内関連記事】
FACTORY LIVE 0508@フジテレビV4スタジオ (andymori、UNCHAIN、SISTER JET、1000say、OKAMOTO'S)
CITY LIGHTS / andymori (ファンファーレと熱狂 収録)
andymori@日比谷野外大音楽堂 東名阪ワンマンツアー ぼくたちアンディモリ
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011@山中湖交流プラザ きらら 初日 part1 (エレファントカシマシ、YOUR SONG IS GOOD、HY、清竜人、GRAPEVINE、andymori、木村カエラ 他)
SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011@山中湖交流プラザ きらら 初日 part2 (岡村靖幸、髭、HY、The Mirraz、BRAHMAN、andymori、Salyu×Salyu、plenty 他)

カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0)
2014年10月15日(水)
  1. HOME
  2.  > 邦楽 (2000〜)
  3.  > ムダがないって素晴らしい / Ogre You Asshole (ペーパークラフト 収録)

ムダがないって素晴らしい / Ogre You Asshole (ペーパークラフト 収録)

 Ogre You Assholeオウガ・ユー・アスホール)が"ムダがないって素晴らしい"を公開しました。2014年10月15日リリースの7枚目のフルアルバム『ペーパークラフト』に収録されます。

・OGRE YOU ASSHOLE - ムダがないって素晴らしい


 コンガか何か、パーカッションが全編に渡って鳴り続き、反復しながらも徐々にリズムが変わったり、ギターのこれまた反復するシンプルな音が加わったりと、それこそ無駄の一切無い選び抜かれた音が鳴っている。こういった民族的なリズムを使うと人力トランスのような派手に後半盛り上がって行くような曲を作りがちだけど、全体的なサウンドの雰囲気はメロウで、歌も一切声を張り上げることなく淡々としているのがオウガらしくて面白いです。

 この曲のミュージックビデオはヴォーカルの出戸学が90日かけて制作/撮影したというクレイアニメで出来ています。PVの最初のほうに「PERFECT LOVERS IN THE PERFECT CITY」と出てきますが、これがこの歌の歌詞と映像の内容を要約しているよう。「ムダがない」ことを「素晴らしい」と歌っていますが、「ムダの無い完璧な街」で「波立つ感情も無く」過ごす「恋人」が「完璧」なのか、ちょっとSFチックな世界観が音楽と映像が相まって想像をかき立てられますね。

 アルバムはサウンドプロデューサーに石原洋、エンジニアに中村宗一郎という、オウガ作品の黄金コンビによるレコーディング。作品を出すごとに音楽性を変化・発展させて行くバンドだけに全体像が気になる所。初回限定版は特別ボックス仕様となっていて、エクスクルーシブ・セッションを収録したカセットテープが付いてくるそうです(シリアル・ナンバー入りダウンロード・コード付き)。

 またアルバムの発売に伴って『OGRE YOU ASSHOLE ニューアルバム・リリースツアー “ペーパークラフト”』も開催決定。アルバムのリリースごとに音楽性が進化して行きますが、それ以上にライブで毎回進化して行くバンドなのでこちらもぜひチェックしたいところです。(日程は下のほうに記載)

■Ogre You Asshole - 『ペーパークラフト』収録曲リスト

・CD
01. 他人の夢
02. 見えないルール
03. いつかの旅行
04. ムダがないって素晴らしい
05. ちょっとの後悔
06. ペーパークラフト
07. 誰もいない

・初回限定盤カセットテープ
セッション音源

【サイト内関連記事】
version 21.1(サカナクション / ogre you asshole / the telephones)@新木場STUDIO COAST
ピンホール / OGRE YOU ASSHOLE (ピンホール 収録)
The Cribs@赤坂BLITZ(guest:OGRE YOU ASSHOLE)
ヘッドライト / OGRE YOU ASSHOLE (フォグランプ 収録)
CHAMPION ROAD Vol.1 OGRE YOU ASSHOLE vs DEERHOOF@LIQUIDROOM
9mmの髭とNICOのASSHOLE@赤坂BLITZ (HiGE、OGRE YOU ASSHOLE)
FACTORY LIVE 0911@フジテレビV4スタジオ(OGRE YOU ASSHOLE、monobright、ART-SCHOOL、のあのわ、ねごと)
nest festival'10@Shibuya O-EAST (在日ファンク、OGRE YOU ASSHOLE、PE'Z、group_inou 他)
OGRE YOU ASSHOLE Live in 日芸 ―浮かれている学校―@日本大学芸術学部 江古田校舎 大ホール
バランス / OGRE YOU ASSHOLE (浮かれている人 収録)
MGMT@新木場STUDIO COAST (Opening act:OGRE YOU ASSHOLE) JAPAN TOUR 2011
EGO-WRAPPIN’ × OGRE YOU ASSHOLE@渋谷CLUB QUATTRO
フラッグ(alternate version) / Ogre You Asshole (confidential 収録)
『OTOSATA Rock Festival 2013』開催決定!第1弾でOgre You Asshole、80KIDZ、TOTALFAT他発表!
Ogre You Asshole@渋谷CLUB QUATTRO 感想&セットリスト
ROVO presents MDT FESTIVAL 2013@日比谷野外音楽堂 (salyu × salyu、OGRE YOU ASSHOLE)  感想&セットリスト


カテゴリ : 邦楽 (2000〜) ・ comments(0)
2014年10月13日(月)
  1. HOME
  2.  > LIVE (2014)
  3.  > toe / envy『変わるものと変わらぬもの volume.08(特別編)』@日比谷野外音楽堂 感想&セットリスト

toe / envy『変わるものと変わらぬもの volume.08(特別編)』@日比谷野外音楽堂 感想&セットリスト

toeトー)が主催するイベント『変わるものと変わらぬもの』の第8弾(特別編)に行ってきました。

毎回ゲストを迎えて行われる本イベントの、今回のゲストはenvyエンヴィー)です。
(envyは過去にも出演有り。他には、the Sun、mouse on the keys、ASPARAGUS、ホテルニュートキョー、Sick Team、eastern youth、THA BLUE HERBなどが出ています)

特別編と題された今回は場所を日比谷野外音楽堂という大きな会場に移しての開催となりました。

秋晴れの夕暮れ。
少し肌寒くなったころにライブスタート。

まずはenvy

ライブを見るのはお初。
我ながらは意外。

女性の語りのようなものがあって演奏が始まる。
結構ドラマチックなのね。

ポストハードコアに括られるけど、ヴォーカルの絶唱の感じも含めハードコアに近いかな。
轟音が夜空に抜ける感じが気持ちいい。

「吉村さんへ」と言ってbloodthirsty butchersの"時は終わる"をカバーしたのはグッときた。
envyの曲とは明らかに歌い方は違うけど、これもまた良いね。

曲の前に「野音いいですね」ってMCをしながら空を指差したように見えたのは、天国にいる吉村秀樹を思いながらのことだったのかも。


40分ちょっとでenvyが終わり、セットチェンジがあって、toeの出番。

まずは柏倉のみ登場しドラムソロからライブスタート。
雄叫びを挙げながら相変わらずの超絶テクニックでドラムを叩く。
正直、toeのライブの半分以上をドラムを見て過ごしてる私のような人にとっては至福の時間から始まる。

そこに、山嵜が登場し、ドラムに加わる。
他でもやってるかも知れないけど、初めて見る演出にイントロから興奮。

そこに美濃、山根と加わり曲が始まる。

"1/21"で始まり"after image"に続くアコースティックな流れ。

もちろんそれも良いんだけど、やはり個人的には"孤独の発明"からのエレクトリックな曲が好きすぎてたまらん。
2人のギターの絡みが綺麗すぎてヤバい。


ちなみにCブロックの席だったので、割と後ろのほうだったんだけど、指定席が売り切れで立ち見席もでるほど大盛況の会場に集まった約3,000人の客がみんなステージ上のメンバーと同じタイミングでリズムを取って頭を振っている光景はなかなか壮観でした。

"past and language"が終わりメンバーが去ってく。
「えっ!」って驚くほど早く本編が終了。
40分くらいはあったけど、それでもあっという間すぎた。


そんな「え」とか「あ」とか言ってるうちに、セッティングが終わり、山嵜がMCを始める。
基本的にインストバンドなので、ステージにはマイクは置かれないため、ライブハウスとかだと地声でMCをしたりするんだけど、さすがに野音では無理なのでこれが今日の初MC。

envyへの感謝の言葉や、今日の客はいい人が多いねって話とか。
「土曜なのでセッ●スとかしたいはずなのに、しないで時間を割いて来てくれてありがとう」的な相変わらずの下ネタMCや、「こんなに人が集まってくれるなんて嬉しい。皆もバンド組んだほうが良いよ。そして俺にMDでデモテープ送って。」とかテキトー発言も脱力した感じでしてて、演奏のときとの落差が激しいのもtoeの魅力の一つですね。

そして、もちろんマイクがあるってことは、そう"グッドバイ"です。

実は個人的には最初CDで出たときにはあんまりピンと来ない曲だったんですが、もうね、ライブで聴けば聴くほど過去最高に良くなって好きになって行く曲。

今日もまた最高を更新しました。

ちなみに、土岐麻子やクラムボンの原田郁子など、ゲストヴォーカルが歌うパターンも多いんですが、個人的には山嵜本人が歌うのが一番好きかな。


これにてライブは終了。
約1時間。

短か過ぎると言えなくもないけど、これくらい潔いのも悪くない。

以下、セットリスト。

2014.10.11 toe@日比谷野外音楽堂 Setlist

01. 1/21
02. after image
03. The Future is Now
04. 孤独の発明
05. I dance alone
06. c
07. エソテリック
08. past and language
---encore---
09. グッドバイ

【サイト内関連記事】
clammbon presents 『sound circle』@Shibuya O-EAST (クラムボン、toe、manual)
孤独の発明 / toe (the book about my idle plot on a vague anxiety 収録)
グッドバイ / toe (new sentimentality e.p. 収録)
everything means nothing / toe (the book about my idle plot on a vague anxiety 収録)
WRENCH@代官山UNIT (guest:toe、Back Drop Bomb)
ROVO presents MDT FESTIVAL 2008@日比谷野外音楽堂(toe, OKI DUB AINU BAND)
toe & Collections of Colonies of Bees@渋谷CLUB QUATTRO
Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル
After Image feat. Harada Ikuko / toe (For Long Tomorrow 収録)
Ordinary Days / toe
abura derabu vol.20@Shibuya O-EAST (Joe Lally、toe、クリプトシティ)
toe /クラムボン/mouse on the keys / agraph@Shibuya O-EAST
DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN@日比谷野外音楽堂 (guest:toe、SIMI LAB) セットリスト&感想 #DCPRG

カテゴリ : LIVE (2014) ・ comments(0)
2014年10月11日(土)
  1. HOME
  2.  > フェス・イベント情報2015
  3.  > 『electrox』、2015年も開催決定&第1弾発表!

『electrox』、2015年も開催決定&第1弾発表!

EDM系のフェス『electrox』が2015年も開催されることが決定しました。2015年1月4日(日)、会場は幕張メッセにて。

合わせて第1弾出演アーティスト発表もありました。
そのラインナップはこんな感じ。

■『electrox』2015 第1弾
ARMIN VAN BUUREN / DIPLO / SANDER VAN DOORN / BAAUER / CLEAN BANDIT
KLAXONS / QUINTINO / VINAI

EDM系はあんまり詳しくないですが、ヘッドライナーを務めるアーミン・ヴァン・ブーレンはオランダの国民的な人気を誇るDJらしいです。

個人的にはクリーン・バンディットが気になります。
後はクラクソンズを久しぶりに見たいかな。

バウワーとかなかなか今更感はありますが、"harlem shake"以降なにかめぼしい曲があるのか気になるところです。


■electrox 開催概要
日程:2015 年1 月4 日(日)幕張メッセ
   OPEN/START 14:00
チケット: ¥12,000-(税込/全立見)別途要1ドリンク代¥500-
PLATINUM TICKET: ¥24,000-(税込)
(PLATINUM TICKET 内容:専用ビューイング・エリア/ラウンジ/入場レーン/クローク/1ドリンク付)
チケット発売日:12/6(土)
オフィシャルサイト:http://www.electrox.jp/

【サイト内関連記事】
Rather Be feat. Jess Glynne / Clean Bandit (New Eyes 収録)
Golden Skans / Klaxons (Myths Of The Near Future 収録)
Atlantis to Interzone / Klaxons (Myths of the Near Future 収録)
EX-PRESS ver.4 / II.I.II (KLAXONS / Polysics / the telephones)@Zepp Tokyo
カテゴリ : フェス・イベント情報2015 ・ comments(0)
2014年10月10日(金)
  1. HOME
  2.  > US Indie
  3.  > Cool Kids / Echosmith (Talking Dreams 収録)

Cool Kids / Echosmith (Talking Dreams 収録)

 ロサンゼルスを拠点とする4人組、Echosmithエコスミス)の"Cool Kids"。2013年のデビューアルバム『Talking Dreams』(全米127位)に収録されている曲で、シングルとしても2013年にリリースされていますが、今年7月にビルボートTOP100の87位に初登場した後チャートを上昇し続け最高19位を記録。売り上げも50万を超えゴールドディスクを獲得しています。

・Echosmith - Cool Kids [Official Music Video]


 憂いを帯びたサウンドとメロディ。アメリカのバンドだけど、ニューウェーブ時代のUKな雰囲気がありますね。所属するワーナーのページに乗ってるプロフィールにはコールドプレイやスミス、U2、ジョイ・ディヴィジョンにフリートウッド・マックなどに影響を受けているって書いてあって、なるほどなって感じ。

 メンバーは以下の4人。
Sydney Sierota – lead vocals
Noah Sierota – bass guitar, percussion, vocals
Jamie Sierota – lead guitar, keyboards, percussion, programming, vocals
Graham Sierota – drums, vocals

 名前を見て気づいたかもしれませんが、4人兄弟です。最年長がギターのジェイミーで1993年の21歳。ドラムのグレアムに至っては1999年生まれなので、まだ15歳(今作リリース時には14歳)という若さ。この"Cool Kids"もそんな彼らならではの、クールな人たち(学校とかにいるようなイケてるグループ的な?)に憧れる少年(少女)期の心情が歌われています。

 アルバムの曲作りには彼らの父親も参加していたりと、まだまだ成長過程のバンドだと思いますが、YouTubeとかで他の曲を聴いても結構カッコイイので、今後が楽しみなバンドです。

■Echosmith - 『Talking Dreams』収録曲

1."Come Together"
2."Let's Love"
3."Cool Kids"
4."March into the Sun"
5."Come with Me"
6."Bright"
7."Talking Dreams"
8."Tell Her You Love Her"
9."Ran Off in the Night"
10."Nothing's Wrong"
11."Safest Place"
12."Surround You"
「Talking Dreams (Deluxe Version) - Echosmith」を試聴&ダウンロード


カテゴリ : US Indie ・ comments(0)
2014年10月09日(木)

  • Twitter
  • Facebook
【楽天ブックスならいつでも送料無料】ひこうき雲と夏の音 [ andymori ]

【20%OFF!!】ひこうき雲と夏の音 [ andymori ]
価格:4,639円(税込、送料込)(参考小売価格:5,799円1,160円(20%)OFF! )

Related Posts with Thumbnails