AX
  1. HOME
  2.  > UK Rock (2000〜)
  3.  > Kathleen / Catfish and the Bottlemen (The Balcony 収録)

Kathleen / Catfish and the Bottlemen (The Balcony 収録)

 UKはウェールズ出身の4人組バンド、Catfish and the Bottlemenキャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン)がデビューアルバム『The Balcony』をリリース。全英10位を獲得。

 メンバーは以下の4人。ウェールズ出身と書いたけど、どうやらウェールズで結成されただけで、ヴォーカルのヴァンがオーストラリア出身だったり、他のメンバーもシェフィールドやニューカッスル出身だったりするみたいです。バンド名の由来は、ヴァンが昔出会った「Catfish the Bottleman」と名乗るバスカーからインスピレーションを得たんだとか。

・Catfish and the Bottlemen member
Ryan Van McCann – Lead vocals, Rhythm guitar
Johnny 'Bondy' Bond – Lead Guitar
Benji Blakeway – Bass Guitar
Bob Hall – Drums

 デビューシングルの"Homesick"から、"Rango"、"Pacifier"、"Kathleen"と4作続けてBBC Radio 1の人気DJ、Zane Lowの選ぶ「hottest record in the world」(世界一ホットなレコード)に選ばれ、注目の彼ら。今回はその中でもMTVでも2014年4月の最もホットなトラックに選ばれた"Kathleen"を紹介。この曲は、Arctic MonkeysやAdeleを手がけたジム・アビスがプロデュース(アルバムも?)。米ビルボードのオルタナロックチャートで39位を記録しています。

・【日本語字幕付】キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン「Kathleen」


 歌詞の日本語訳の方は上のミュージックビデオを見てもらうとして、「Kathleen」て子はヤバそうだけどすごくイケてる子なんだろうなって感じがしますね。「But, Let me know when I’m needed home And I’ll come」ってとこがいいですね。サビのとこでシャウトする男臭いヴォーカルと歌詞の内容が裏腹なのが面白いです。そこのギターの音もすごくカッコいいですが、その後に続くメロディアスなコーラスの部分がUKロック好きにはたまらないです。

 2015年1月には来日も決定しています。まだまだ日本での知名度は低いですが、大物になるかもしれないので今のうちにツバ付けとくといいかも。

■Catfish and the Bottlemen - 『The Balcony』収録曲リスト

1. Homesick
2. Kathleen
3. Cocoon
4. Fallout
5. Pacifier
6. Hourglass
7. Business
8. 26
9. Rango
10. Sidewinder
11. Tyrants
「The Balcony - Catfish and the Bottlemen」を試聴&ダウンロード
「Kathleen and the Other 3 - EP - Catfish and the Bottlemen」を試聴&ダウンロード

■Catfish and the Bottlemen 来日公演
1/28(水)東京 代官山UNIT


カテゴリ : UK Rock (2000〜) ・ comments(0)
2014年10月31日(金)
  1. HOME
  2.  > 邦楽 (2000〜)
  3.  > こころとあたま / チャットモンチー (こころとあたま / いたちごっこ 収録)

こころとあたま / チャットモンチー (こころとあたま / いたちごっこ 収録)

 チャットモンチー復活第1弾両A面シングル『こころとあたま / いたちごっこ』。昨日の"いたちごっこ"に続いて今回は"こころとあたま"をご紹介。

・チャットモンチー 『こころとあたま』


 "いたちごっこ"がどちらかというこれまでのチャットモンチーに近いサウンドだとすれば、"こころとあたま"はシンセサウンドが前面に出た激しいロックチューンになっており、早速キーボードにthe chef cooks meの下村亮介が加わったことが大きく作用した新生チャットモンチーって感じがしますね。Hi-STANDARDの恒岡章が加わったのもデカい!(ちなみに、橋本絵莉子が初めてギターでコピーしたのがハイスタの"NEW LIFE"だそうです)。福岡晃子がベースに専念できるのも大きいですね。

 ミュージックビデオは漫画、アニメーション作家のぬQによるもの。PVを手がけるのは初めてとのこと。80年代風のちょっとレトロなタッチが逆に時代感覚がねじれてるような感じがして面白い仕上がりになっています。ぬQ氏のコメントを引用しておきます。

■「こころとあたま」MV監督 ぬQ氏から一言
曲を聴いて「私たちは、『こころ』で感じた事や『あたま』で考えた事が、一致している時もあれば、離れてしまう時もある。時に矛盾したり反発してしまう気持ちや理屈が一緒だったらいいのになあ」というメッセージを受け取りました。
曲では「こころ」と「あたま」に二分されていますが、昨日の自分の「こころ」と今日の自分の「こころ」が矛盾することもありますし、私の「こころ」と「あたま」が一致していても、第三者のそれと対立してしまうこともあります。
さらに、気持ちや理屈の大きさは一定ではなく、高揚したり、しぼんだりと耐えず変動しています。
ですので、アニメーション内で、キャラクター、物体、時系列、表現方法に負荷をかけて分裂させ、バラバラになったものが形をかえながら、一つになったり、また分裂したりするような構成になっています。

■「こころとあたま」MVあらすじ
ジュースの飲み過ぎで、「あたま」から体が押し出されてしまった女の子。体は「こころ」と繋がっていて、一目散に逃げてしまった。彼女は、「こころ」を失った「あたま」だけの存在になってしまったのだ。
男は「あたま」を慰めながら、「こころ」を追いかけようと奮闘する。こんな時、「自転車」さえあれば…。「自転車」とは流星のような早さで、惑星のようにクルクルと“自転”する幻の乗り物。
しかし地に降りた瞬間に撤去されてしまうので、誰も見た事がなかった。どこで手に入れればいいのか?
逃げる心は矢に、あたまにあいた穴はブラックホールに、傘はルーレットに、桃はハートに、全てが形をかえながら、希望に向かって進むアニメーション。
http://okmusic.jp/#!/news/57993より


 それにしてもチャットモンチーがサポートとはいえ4人編成になるとは・・・。2005年のデビューミニアルバム『chatmonchy has come』に収録されている"ハナノユメ"をtvkの『Saku Saku』のエンディングテーマで流れたのを見たのが最初の出会い。それですごく気になり、その年の年末にはイベントでライブを見て「良いバンドだなぁ」って思った。特にドラムの高橋久美子のリズム感(作詞も含め)が好きだったので、脱退したときは結構ショックでした。で、今でもその頃が一番好き。でも、例えばくるりで言うと一番好きなのはもっくんがいたオリジナルの3人の時だけど、最新作『the pier』なんかは彼らの最高傑作の1つだと思うし、チャットモンチーもきっとそういうバンドになってくといいな。惜しむらくは2人体制のライブをもっと見たかったことだけかな(何度かみましたがどれも感動的に良かった)。とにかく、この4人でのアルバムに期待します。

 そして、ライブも見たい。現時点で発表されてるのは以下の3つ。どれか1つは見たいなぁ。

■ライブ情報
・「rockin'on PRESENTS JAPAN CIRCUIT vol.53 WEST〜山崎死闘編〜」
11月16日(土) 心斎橋 BIG CAT
出演:avengers in sci-fi / チャットモンチー / Yasei Collective (五十音順)

・「9周年記念ライブ“9愛”」
11月21日(金) Zepp DiverCity (TOKYO)
出演:チャットモンチー、the chef cooks me、くもゆき、あさ・ひる・ばん (Opening Act) and more!

・「COUNTDOWN JAPAN 14/15」
12月30日(火) 幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

■チャットモンチー - 『こころとあたま / いたちごっこ』収録曲リスト

1. こころとあたま
2. いたちごっこ
3. 変身 (GLIDER MIX) by group_inou
「こころとあたま - Single - チャットモンチー」を試聴&ダウンロードする

【サイト内関連記事】
VINTAGE × DI : GA 2005@CLUB QUATTRO(チャットモンチー、bonobos、Sparta Locals 他)
ハナノユメ / チャットモンチー (chatmonchy has come 収録)
シャングリラ / チャットモンチー (Shangrila 収録)
サラバ青春 / チャットモンチー (chatmonchy has come 収録)
女子たちに明日はない / チャットモンチー (女子たちに明日はない 収録)
チャットモンチー『顔 to 顔 ツアー』@新木場STUDIO COAST 
満月に吠えろ / チャットモンチー (満月に吠えろ 収録)
NANO-MUGEN FES. 2012@横浜アリーナ Part 1 (Chara、10-FEET、チャットモンチー 他) セットリスト&感想
コンビニエンスハネムーン / チャットモンチー (変身 収録)
Yes or No or Love / チャットモンチー (変身 収録)

カテゴリ : 邦楽 (2000〜) ・ comments(0)
2014年10月30日(木)
  1. HOME
  2.  > 邦楽 (2000〜)
  3.  > いたちごっこ / チャットモンチー (こころとあたま / いたちごっこ 収録)

いたちごっこ / チャットモンチー (こころとあたま / いたちごっこ 収録)

 チャットモンチー復活第1弾は両A面シングル『こころとあたま / いたちごっこ』。まずはそのうち"いたちごっこ"をご紹介。("こころとあたま"はこちら

・チャットモンチー 『いたちごっこ』


 ドゥーワ、ドゥーワというコーラスから始まるミドルテンポの軽快なナンバーで、「新品の心」なんてフレーズも飛び出すし、結婚/出産を経たヴォーカル・橋本絵莉子の心機一転リフレッシュした気持ちが歌われるナンバー・・・と思いきや、「うたいたいうたが なくなっていくのが こわいだけなんだよ」と不安も同時に歌われるある意味リアルな心情を歌った曲かなと思います。「鈍感」と「純粋」、字面は似てるけど全く意味の異なる言葉が使われているのは、そのなんていうか期待と不安の入り混じった感情が、それこそ「いたちごっこ」のように繰り返し沸き起こってくるって感じなのかな。

 後、「止まれない街 ここ東京 帰れないふり ここ東京」ってフレーズに込められた意味も気になりますね。「東京」ってやっぱり地方出身、特に地方でバンドを結成して東京に出てきた人ならでは(チャットモンチーは徳島出身)の思いがあるのかな。なんとなくサカナクションの"アルクアラウンド"を思い出しました。

 ミュージックビデオの監督は映像作家の山岸聖太。『OL。24歳。レコード会社勤務』という設定の主人公を演じるのは女優の吉岡里帆。楽曲の歌詞の世界をイメージした作品になっているので必見です。

 今作から、Hi-STANDARD、CUBISMO GRAFICO FIVEの恒岡章をドラムに、the chef cooks meの下村亮介をキーボードに迎えて4人組として制作されています。その辺についてはまた今度。

■チャットモンチー - 『こころとあたま / いたちごっこ』収録曲リスト

1. こころとあたま
2. いたちごっこ
3. 変身 (GLIDER MIX) by group_inou
「いたちごっこ - Single - チャットモンチー」を試聴&ダウンロードする

【サイト内関連記事】
VINTAGE × DI : GA 2005@CLUB QUATTRO(チャットモンチー、bonobos、Sparta Locals 他)
ハナノユメ / チャットモンチー (chatmonchy has come 収録)
シャングリラ / チャットモンチー (Shangrila 収録)
サラバ青春 / チャットモンチー (chatmonchy has come 収録)
女子たちに明日はない / チャットモンチー (女子たちに明日はない 収録)
チャットモンチー『顔 to 顔 ツアー』@新木場STUDIO COAST 
満月に吠えろ / チャットモンチー (満月に吠えろ 収録)
NANO-MUGEN FES. 2012@横浜アリーナ Part 1 (Chara、10-FEET、チャットモンチー 他) セットリスト&感想
コンビニエンスハネムーン / チャットモンチー (変身 収録)
Yes or No or Love / チャットモンチー (変身 収録)

カテゴリ : 邦楽 (2000〜) ・ comments(0)
2014年10月29日(水)
  1. HOME
  2.  > US Indie
  3.  > Where No Eagles Fly / Julian Casablancas + The Voidz (Tyranny 収録)

Where No Eagles Fly / Julian Casablancas + The Voidz (Tyranny 収録)

 The Strokesザ・ストロークス)のヴォーカリスト、Julian Casablancasジュリアン・カサブランカス)率いるJulian Casablancas + The Voidzのアルバム『Tyranny』(米39位)からの2ndシングル"Where No Eagles Fly"。リリースはジュリアンが運営するCult Recordsより。

・Julian Casablancas+The Voidz - Where No Eagles Fly (Official Video)


 曲をリードするベースのリフとシンプルなフレーズを奏でるギター、そして、ピロピロピローって入ってくるシンセというポストパンクなんだかエレポップなんだかよくわからないサウンドに、一聴してそれとわかるジュリアンのヴォーカルもストロークスより激しくジャンクな感じなのに、どうしてもポップになってしまうところが憎めないですね。メタル/ハードロックを想起させるようなヴィジュアルもあったりと、イケてるのかダサいのか良くわからん所もいいね。

 ジュリアンの2009リリースの1stソロ『Phrazes for the Young』(米35位、英19位)も大胆なニューウェーブサウンドだったので(結構好きでした)今更驚きはないですが、1stシングル"Human Sadness"が10分越えだったりやりたい放題の今作も個人的には結構好きです。アルバムタイトル"Tyranny"は「専制政治」を意味する言葉らしいですが、この破天荒な作品がある意味ジュリアンの専制政治で出来たのかと想像させられますが、どっかで「今作はバンドとして共同作業で作った」とか発言してるのを目にしたので、むしろ専制政治への反抗のアルバムなのかな。

 Cultのオンラインショップで$3.87でダウンロード販売してるので興味ある方はチェックしてみては?ま、ネットでほとんど聴けますが。。

 一応、最後に今作はThe Voidzというバンド名義なので、バンドメンバーを紹介。
Julian Casablancas - vocals
Jeramy "Beardo" Gritter - guitar
Amir Yaghmai - guitar
Jacob "Jake" Bercovici - bass guitar, synthesizers
Alex Carapetis - drums, percussion
Jeff Kite - keys

 いまいちジュリアン以外のメンバーの詳細はわかりませんが、ドラムのアレックスはNine Inch Nailsのサポートドラマーをやってたりするみたいです。また、この"Where No Eagles Fly"のPVはギターのジェラミーが監督してるそうです。

 ストロークスが今どういう状態なのかわかりませんが、何気にストロークスよりジュリアンのソロのライブとか見たいなぁなんて思ってます。

■ Julian Casablancas + The Voidz - 『Tyranny』収録曲リスト

1."Take Me in Your Army"
2."Crunch Punch"
3."M.utually A.ssured D.estruction"
4."Human Sadness"
5."Where No Eagles Fly"
6."Father Electricity"
7."Johan Von Bronx"
8."Business Dog"
9."Xerox"
10."Dare I Care"
11."Nintendo Blood"
12."Off to War..."
Tyranny - Julian Casablancas + The Voidz

【サイト内関連記事】
11th Dimension / Julian Casablancas (Phrazes for the Young 収録)
LAST NITE / THE STROKES (IS THIS IT 収録)
THE MODERN AGE / THE STROKES (IS THIS IT 収録)
JUICEBOX / THE STROKES (FIRST IMPRESSIONS OF EARTH 収録)
ASK ME ANYTHING / THE STROKES (FIRST IMPRESSIONS OF THE EARTH 収録)
Under Cover of Darkness / The Strokes (Angles 収録)
One Way Trigger / The Strokes (Comedown Machine 収録)


カテゴリ : US Indie ・ comments(0)
2014年10月28日(火)
  1. HOME
  2.  > UK Rock (2000〜)
  3.  > In The Heat Of The Moment / Noel Gallagher’s High Flying Birds (Chasing Yesterday 収録)

In The Heat Of The Moment / Noel Gallagher’s High Flying Birds (Chasing Yesterday 収録)

 Noel Gallagherノエル・ギャラガー)率いる、Noel Gallagher's High Flying Birdsノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ)が新曲"In The Heat Of The Moment"を発表しました。これは2015年2月にリリースが予定される2ndアルバム『Chasing Yesterday』のリードシングルになります。

・Noel Gallagher's High Flying Birds "In The Heat Of The Moment" (Official Video)


 ノエル印の壮大なメロディに、「ナナナナーナ、ナナナナナーナ」というシンガロングできるコーラス、期待以上の曲かというとなんとも言えないですが、並みのバンドのクオリティは簡単に超えてしまう曲だと思います。アルバムのリードトラックとしての勢いを選んだ形でしょうかね。

 Spin誌にノエルが語ったところによると、以下のような曲だそうです。
"inspired by a documentary featuring an astronaut who likened going into space for the first time to 'touching the face of God'"
初めて宇宙に行くことは、「神の顔に触れるような気持ちだ」と、あるドキュメンタリーで宇宙飛行士が語っていたことにインスピレーションを得て書かれた


 ミュージックビデオの監督はOllie Murray。映像の質感からOasisの"The Shock of the Lightning"のPVを思い出しましたが、宇宙飛行士やロケットが出てきたりするのも上のドキュメンタリーの話に通じるし、「lightning」ってフレーズも被ってたり、共通項があって面白いですね。

■Noel Gallagher's High Flying Birds - 『Chasing Yesterday』収録曲リスト

1. Riverman
2. In The Heat Of The Moment
3. The Girl With X-Ray Eyes
4. Lock All The Doors
5. The Dying Of The Light
6. The Right Stuff
7. While The Song Remains The Same
8. The Mexican
9. You Know We Can't Go Back
10. Ballad Of The Mighty I

 と、ノエルの話はここまでで、以下オアシス関連の話。現在、日本で初のオアシスの回顧展『CHASING THE SUN: OASIS 1993 – 1997』(会期:2014年10月25日〜28日)が開催されていますが、弟Liam Gallagherリアム・ギャラガー)率いるノエル抜きの元オアシス組、Beady Eyeビーディ・アイ)が解散するというニュースが飛び込んできました。

 現時点(2014.10.28)ではバンドとしての公式発表はありませんが、リアムとギタリストのアンディ・ベルがTwitterで以下のようにツイートしているので、ほぼ間違いないでしょう。

リアム・ギャラガー



アンディ・ベル



 解散ってのは驚きと悲しみがありますが、ついつい「オアシス再結成」て言葉が頭をよぎるのは仕方ないこと。ノエルの新作とオアシスの回顧展に同時に「CHASING」って単語があるのもその再結成に掛かってるなんてのはさすがに考え過ぎですかね。。ちなみにこの曲のタイトルの"In The Heat Of The Moment"の「かっとしたはずみに」とか「つい興奮して」って意味らしいんですが、かっとなってオアシスを飛び出したノエルがリアムと和解してオアシスがまた復活してくれると嬉しいなぁ、なんて思ってます。

 ま、まずはこの新作と、2015年にはノエルはジャパンツアーするって話もあるし、それを楽しみにリアムの動向を見守りたいですね。(追記)ノエルの来日日程決定!&リアムはまず11月11日に開催されるティーンエイジ・キャンサー・トラストへソロでの出演が決まったとのこと。まぁこれは1回限りの可能性もあるので、ソロで行くのかはわかりませんね。

■Noel Gallagher’s High Flying Birds Japan Tour 2015 日程
4月7日 (火) フェスティバルホール(大阪府)
4月9日 (木) 広島文化学園HBGホール(広島県)
4月11日 (土) ZEPP Fukuoka(福岡県)
4月13日 (月) ZEPP Nagoya(愛知県)
4月15日 (水) 日本武道館(東京都)

【サイト内関連記事】
NOEL GALLAGHER & GEM OF OASIS@LIQUIDROOM
If I Had A Gun... / Noel Gallagher (Noel Gallagher’s High Flying Birds 収録)
Noel Gallagher’s High Flying Birds@TOKYO DOME CITY HALL
Acquiesce / oasis (The Masterplan 収録)
FUCKIN' IN THE BUSHES / oasis (STANDING ON THE SHOULDER OF GIANTS 収録)
TURN UP THE SUN / oasis (DON'T BELIEVE THE TRUTH 収録)
THE IMPORTANCE OF BEING IDLE / oasis (DON'T BELIEVE THE TRUTH 収録)
Wonderwall / oasis ((WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY? 収録)
Hello / oasis ((WHAT'S THE STORY)MORNING GLORY? 収録)
DON'T LOOK BACK IN ANGER / oasis (FAMILIAR TO MILLIONS 収録)
Stand By Me / oasis (BE HERE NOW 収録)
Supersonic / oasis (Definitely Maybe 収録)
oasis@国立代々木競技場第一体育館

D'You Know What I Mean? / oasis (BE HERE NOW 収録)
Whatever / oasis (Whatever 収録)
The Shock of the Lightning / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
Bag It Up / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
I'm Outta Time / oasis (Dig Out Your Soul 収録)
oasis JAPAN TOUR 2009@幕張メッセ国際展示場



カテゴリ : UK Rock (2000〜) ・ comments(0)
2014年10月27日(月)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails