1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. サマソニ2017・東京・2日目・備忘録・part3

SUMMER SONIC 2017サマソニ2017)の東京・2日目・備忘録・part3です。
SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part2から続く。

セットリスト一覧はこちら。
サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

[スポンサードリンク]


SONIC STAGEでPENNYWISEをちょっとだけ。
サマソニ2017、PENNYWISE
New Found Gloryがポップ・パンク20年を掲げてたけど、彼らはその直接の先祖って感じ。
登場から「ペニーワイズ」コールが巻き起こり、曲が始まればモッシュサークルにクラウドサーフィン。
さすがに大入りという感じではなかったけど(そもそも今年のサマソニってお客さん少なかった気がする)、盛り上がりがすごい。
曲間ではカメラマンからカメラを取り上げ写真を撮ったり。

最後まで観たかったけど泣く泣く切り上げ移動開始。

MOUNTAIN STAGEを通過しながらG-EAZYをチラ見。
あんまり来日もしなさそうだし、ちゃんと観たかったけど時間がなくて断念。

徒歩でマリンスタジアムへ移動。

この後ずっとアリーナに入る予定だったのでRブロックの前の仮説トイレへ。
予想より混んでた(メッセで済ませておけばよかった。。失敗)。

さてさてすっかり夕暮れ。
初日とは打って変わって雨も降らず暑くなった2日目も夜になると少し気温も下がってきた。
が、スタジアムには妙な熱気が。
BABYMETAL、彼女たちのステージを心待ちにする人でぎっしり(外国人多め)。
サマソニ2017、BABYMETAL
時間になりステージにはサマソニとベビメタの歴史がスライドショーのように映し出される。
2012年にサマソニ史上最年少(今年Li-sa-Xに破られました)で出演して以来6年連続でのサマソニ出演にして、初のMARINE STAGE登場ということで盛大に盛り上げる。
(海外での人気を考えると遅いくらいですが。まぁ国内でも東京ドームでワンマンしてるしね)
「首の準備は出来ているのか?」というヘッドバンギングを煽るナレーションからの登場で"BABYMETAL DEATH"が始まる。
私も過去にサマソニやフジロックで毎回ちょっとだけ見てた(2015年のOzzfestでは全部見た)けど、今回は最初から最後までがっつり楽しむぞと意気込んでの参戦だったのでできるだけ前の方に。
いやぁのっけからすごい盛り上がり。
挨拶代わりの一発が終わり"ギミチョコ!!"から歌モノが始まってさらにもりあがっていく。
さらに中盤から「ウォール・オブ・デス」を煽り、巨大なモッシュサークルが出来上がる。
私はそれに便乗して空いたスペースに移動し、さらに前に行きました(笑)
"Road of Resistance"〜"KARATE"の流れは感動すら覚えるモノでした。
最後は"イジメ、ダメ、ゼッタイ"で締め。

完全にスタジアムを掌握したベビメタが終わり、そのままマリンスタジアムに残る。
ついでにLブロックとRブロックを区切る中央の柵沿いにポジションを確保し、いよいよ今年のヘッドライナーの登場を待ちわびる。

トリはFoo Fightersです。
正直、ベビメタの圧倒的人気に「みんなベビメタ終わったらフーファイ見ずに帰っちゃうんじゃないか」といらぬ心配をしていたんですが、もちろんそんなことはなく、私の目の前にいたギャルの集団も、私の後ろにいた私より年上っぽい女性2人組も、隣に立ってた大学生くらいの兄ちゃん達も、今か今かと期待を膨らませているのが会話から聞き取れて嬉しくなった。

サマソニ2017、Foo Fighters 1
ベビメタ終わりからマリン待機、通路側ゲット
All My Lifeからスタート
大合唱
キーボード入り
ドラムにクリスコーネル
リック・アストリー出てきた
メンバー紹介でそれぞれソロ
テイラーとデイヴ入れ替えでアンダープレッシャー
サマソニ2017、Foo Fighters 2
ディスコソング、エヴァーロングで締め
演奏中に花火

外でDJがリンキン・パークかけてた



サマソニ2017、出演者第1弾
サマソニ2017、出演者第2弾
サマソニ2017、出演者第3弾
サマソニ2017、フー・ファイターズ出演決定
サマソニ2017、ブラック・アイド・ピーズ出演決定
サマソニ2017、日程別ラインナップ決定
サマソニ2017、ステージ別ラインナップ(2017年5月1日時点)
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第1弾
サマソニ2017、出演者第9弾
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第2弾
サマソニ2017、出演者第10弾
サマソニ2017、出演者第11弾
サマソニ2017、出演者第12弾
サマソニ2017、出演者第13弾
サマソニ2017、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』出演者一覧
ソニマニ2017、追加発表
ソニマニ2017、出演者第14弾
サマソニ2017東京『IDOL SONIC』出演者
サマソニ2017東京『SPACE ODD STAGE』出演者
サマソニ2017、『JUNGLE STAGE』『KIDS CLUB』『GREEN FIELD』etc.追加出演者
ソニマニ2017、全出演者一覧
サマソニ2017、全出演者一覧

以下、公演概要

■SUMMER SONIC 2017
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
   大阪:大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2017/

■SONICMANIA 2017
日時:2017年8月18日(金)
会場:幕張メッセ

■HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
日時:2017年8月19日(土)開場 22:30 / 開演 23:30
会場:幕張メッセ
チケット:サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定特別価格¥5,000(税込)
     一般価格¥9,500(税込)
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月19日(土)午後22:30〜8月20日(日)午前5:00までとなります。

・その他、2017年のフェス/イベント情報はこちら。

■過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2007
SUMMER SONIC 2008
SUMMER SONIC 2009
SUMMER SONIC 2009
SONICMANIA 2011
SUMMER SONIC 2011
SUMMER SONIC 2012
SUMMER SONIC 2013
SUMMER SONIC 2014
SUMMER SONIC 2015
SUMMER SONIC 2016
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月21日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. 【随時更新】サマソニ2017、セットリストまとめ 大阪(舞洲SONIC PARK/舞洲スポーツアイランド)編 #summersonic #サマソニ

SUMMER SONIC 2017サマソニ2017)のセットリストまとめ大阪舞洲SONIC PARK舞洲スポーツアイランド)編です。

わかり次第、セトリ追記更新していきます。



東京(幕張)はこちら
サマソニ2017・セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

[スポンサードリンク]


■初日・8月19日(土)
FOO FIGHTERS@Ocean Stage setlist
01.All My Life
02.Learn to Fly
03.My Hero
04.The Pretender
05.Times Like These
06.Rope
07.Walk
08.Sunday Rain
09.Run
10.Best of You
11.Everlong

BABYMETAL@Ocean Stage setlist
01.BABYMETAL DEATH
02.ギミチョコ!!
03.メギツネ
04.Catch me if you can
05.Road of Resistance
06.KARATE
07.ヘドバンギャー!!
08.イジメ、ダメ、ゼッタイ

MAN WITH A MISSION@Ocean Stage setlist
01.Get of off my way
02.Hey Now
03.TAKE WHAT U WANT
04.Emotions
05.Dog Days
06.FLY AGAIN
07.Dead End in Tokyo
08.Raise your flag

マキシマム ザ ホルモン@Ocean Stage setlist
01.恋のメガラバ
02.シミ
03.「F」
04.霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔
05.my girl
06.握れっっっっっっっっ!!
07.恋のスペルマ

Royal Blood@Ocean Stage setlist
01.Where Are You Now?
02.Lights Out
03.Come On Over
04.I Only Lie When I Love You
05.Little Monster + Ben's Drum Solo
06.Hook, Line & Sinker
07.Ben Talk + Figure it out
08.Out of the Black

INABA / SALAS@Ocean Stage setlist
01.SAYONARA RIVER
02.苦悩の果てのそれも答えのひとつ
03.正面衝突
04.WABI SABI
05.OVERDRIVE
06.MARIE
07.AISHI AISARE

Sum41@Sonic Stage setlist
01.The Hell Song
02.Over My Head (Better Off Dead)
03.Fake My Own Death
04.Goddamn I'm Dead Again
05.Underclass Hero
06.War
07.Motivation
08.We're All To Blame
09.Walking Disaster
10.No Reason
11.We Will Rock You
12.Still Waiting
13.In Too Deep
14.Fat Lip

Good Charlotte@Sonic Stage setlist
01.The Anthem
02.The Story of My Old Man
03.My Bloody Valentine
04.Girls & Boys
05.Riot Girl
06.Life Changes
07.Predictable
08.Hold On
09.Little Things
10.The Young & the Hopeless
11.The River
12.I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)
13.I Just Wanna Live
14.Lifestyles of the Rich & Famous

New Found Glory@Sonic Stage setlist
01.Understatement
02.All Downhill From Here
03.Selfless
04.Hit Or Miss
05.Something I Call Personality
06.Anthem for the Unwanted
07.Listen To Your Friends
08.Hold My Hand
09.Happy Being Miserable
10.Failure's Not Flattering
11.Kiss Me [Sixpence None the Richer]
12.Vicious Love
13.My Friends Over You

Fear, and Loathing in Las Vegas@Sonic Stage setlist
01.Rave-up Tonight
02.jump
03.Crossover
04.Party Boys
05.SHINE
06.Return to Zero
07.Let Me Hear
08.Virtue and Vice
09.Starburst

GRANRODEO@Sonic Stage setlist
01.ナミダバナ
02.move on! イバラミチ
03.NO PLACE LIKE A STAGE ROSE
04.HIP-BULLET
05.The Other Self

Nothing's Carved In Stone@Sonic Stage setlist
01.Isolation
02.Like a Shooting Star
03.November 15th
04.Milestone
05.In Future
06.TRANCE.A.M
07.Out of Control
08.Spirit Inspiration

PassCode@Sonic Stage setlist
01.MISS UNLIMITED
02.bite the bullet
03.TRACE
04.AXIS
05.Club Kids never die
06.Seize the day!!
07.ONE STEP BEYOND

BAND-MAID@White Massive setlist
01.REAL EXISTENCE
02.Choose me
03.Don't you tell ME
04.FREEDOM
05.Play
06.モラトリアム

locofrank@White Massive setlist
01.Start
02.Returning
03.Mountain Range
04.A GLOSSY DEMOCRACY
05.新曲
06.Grab Again
07.share
08.across time



■2日目・8月20日(日)
UVERworld@Marine Stage setlist
01.志-kokorozashi-
02.7th Trigger
03.I LOVE THE WORLD
04.DECIDED
05.WE ARE GO
06.PRAYING RUN
07.ALL ALONE
08.零HERE〜SE〜
09.IMPACT
10.7日目の決意

Liam Gallagher@Mountain Stage setlist
SE.Fuckin' in the Bushes
01.Rock 'n' Roll Star
02.Morning Glory
03.Wall of Glass
04.Greedy Soul
05.Bold
06.For What It's Worth
07.D'You Know What I Mean?
08.Slide Away
09.I Get By
10.You Better Run
11.Universal Gleam
12.Be Here Now

エレファントカシマシ@Mountain Stage setlist
01.ドビッシャー男
02.悲しみの果て
03.今宵の月のように
04.デーデ
05.風と共に
06.RAINBOW
07.ガストロンジャー
08.俺たちの明日
09.ファイティングマン

欅坂46@White Massive setlist
01.サイレントマジョリティー
02.語るなら未来を…
03.大人は信じてくれない
04.エキセントリック
05.二人セゾン
06.世界には愛しかない
07.危なっかしい計画

FABLED NUMBER@White Massive setlist
01.AAO
02.夜の鼓動
03.Don't let me go
04.Dancer in the War
05.トワイライトシティ
06.YES
07.The King
[スポンサードリンク]


東京(幕張)はこちら
サマソニ2017・セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

サマソニ2017、出演者第1弾
サマソニ2017、出演者第2弾
サマソニ2017、出演者第3弾
サマソニ2017、フー・ファイターズ出演決定
サマソニ2017、ブラック・アイド・ピーズ出演決定
サマソニ2017、日程別ラインナップ決定
サマソニ2017、ステージ別ラインナップ(2017年5月1日時点)
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第1弾
サマソニ2017、出演者第9弾
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第2弾
サマソニ2017、出演者第10弾
サマソニ2017、出演者第11弾
サマソニ2017、出演者第12弾
サマソニ2017、出演者第13弾
サマソニ2017、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』出演者一覧
ソニマニ2017、追加発表
ソニマニ2017、出演者第14弾
サマソニ2017東京『IDOL SONIC』出演者
サマソニ2017東京『SPACE ODD STAGE』出演者
サマソニ2017、『JUNGLE STAGE』『KIDS CLUB』『GREEN FIELD』etc.追加出演者
ソニマニ2017、全出演者一覧

以下、公演概要

■SUMMER SONIC 2017
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
   大阪:大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2017/

■SONICMANIA 2017
日時:2017年8月18日(金)
会場:幕張メッセ

■HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
日時:2017年8月19日(土)開場 22:30 / 開演 23:30
会場:幕張メッセ
チケット:サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定特別価格¥5,000(税込)
     一般価格¥9,500(税込)
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月19日(土)午後22:30〜8月20日(日)午前5:00までとなります。

・その他、2017年のフェス/イベント情報はこちら。

■過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2007
SUMMER SONIC 2008
SUMMER SONIC 2009
SUMMER SONIC 2009
SONICMANIA 2011
SUMMER SONIC 2011
SUMMER SONIC 2012
SUMMER SONIC 2013
SUMMER SONIC 2014
SUMMER SONIC 2015
SUMMER SONIC 2016
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月20日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. 【随時更新】サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編 #summersonic #サマソニ

SUMMER SONIC 2016サマソニ2016)のセットリストまとめ東京(千葉県・幕張、ZOZOマリンスタジアム幕張メッセ)編です。

わかり次第、セトリを追記更新していきます。

サマソニ2017、summer sonic 2017

大阪はこちら
サマソニ2017、セットリストまとめ 大阪(舞洲SONIC PARK/舞洲スポーツアイランド)編

[スポンサードリンク]


■初日・8月19日(土)
Black Eyed Peas@Marine Stage setlist
01.Let's Get It Started
02.Pump It
03.Boom Boom Pow
04.Freestyle
05.Imma Be
06.Joints & Jam
07.Where Is The Love
08.I Gotta Feeling

5 Seconds of Summer@Marine Stage setlist
01.Girls Talk Boys
02.Hey Everybody!
03.Disconnected
04.Don't Stop
05.Good Girls
06.Waste the Night
07.Amnesia
08.Castaway
09.Jet Black Heart
10.What I Like About You (The Romantics cover)
11.She's Kinda Hot
12.She Looks So Perfect

UVERworld@Marine Stage setlist
01.TYCOON
02.7th Trigger
03.I LOVE THE WORLD
04.WE ARE GO
05.PRAYING RUN
06.ALL ALONE
07.零HERE〜SE〜
08.IMPACT
09.7日目の決意

Kasabian@Mountain Stage setlist
01.Ill Ray (The King)
02.eez-eh
03.Underdog
04.Shoot The Runner
05.You're in Love With a Psycho
06.Club Foot
07.treat
08.Empire
09.Bless This Acid House
10.stevie
11.L.S.F. (Lost Souls Forever)
12.Comeback Kid
13.Vlad The Impaler
14.Fire

Phoenix@Mountain Stage setlist
01.J-Boy
02.Lasso
03.Entertainment
04.Lisztomania
05.Trying to Be Cool / Drakkar Noir
06.Role Model
07.Girlfriend
08.Ti Amo
09.Armistice
10.If I Ever Feel Better / Funky Squaredance
11.Fior di Latte
12.Rome
13.1901
14.Ti Amo Di Piu

Suchmos@Mountain Stage setlist
01.YMM
02.Wiper
03.Mint
04.FACE
05.STAY TUNE
06.GAGA
07.OVERSTAND

エレファントカシマシ@Mountain Stage setlist
01.ドビッシャー男
02.悲しみの果て
03.今宵の月のように
04.デーデ
05.風と共に
06.RAINBOW
07.ガストロンジャー
08.俺たちの明日
09.ファイティングマン

女王蜂@Sonic Stage setlist
01.金星
02.DANCE DANCE DANCE
03.ヴィーナス
04.売春
05.デスコ
06.告げ口

miwa@Rainbow Stage setlist
01.君に出会えたから
02.シャイニー
03.441
04.アイオクリ
05.ストレスフリー
06.chAngE
07.ヒカリヘ

欅坂46@Rainbow Stage setlist
01.overture
02.サイレントマジョリティー
03.大人は信じてくれない
04.エキセントリック
05.二人セゾン
06.世界には愛しかない
07.危なっかしい計画

Mrs.GREEN APPLE@Rainbow Stage setlist
01.Just a friend
02.speaking
03.FACTORY
04.WHOO WHOO WHOO
05.WanteD!WanteD!
06.StaRt

TRF@Rainbow Stage setlist
01.Overnight sensation
02.Where to begin
03.寒い夜だから…
04.BOY MEETS GIRL
05.CRAZY GONNA CRAZY
06.EZ DO DANCE
07.survival dAnce

Silent Siren@Rainbow Stage setlist
01.フジヤマディスコ
02.八月の夜
03.Dance MusiQ
04.Kaleidoscope
05.チェリボム
06.ぐるぐるワンダーランド

神様、僕は気づいてしまった@Rainbow Stage setlist
01.CQCQ
02.オストリッチ厭離穢土
03.わたしの命を抉ってみせて
04.僕の手に触れるな
05.だから僕は不幸に縋っていました

amazarashi@Rainbow Stage setlist
01.後期衝動
02.ヒーロー
03.季節は次々死んでいく
04.冷凍睡眠
05.空に歌えば
06.命にふさわしい

佐野元春 & THE COYOTE BAND@Garden Stage setlist
01.君をさがしている
02.La Vita e Bella
03.優しい闇
04.空港待合室
05.紅い月
06.私の太陽
07.白夜飛行
08.禅ビート
09.New Age
10.約束の橋
11.アンジェリーナ


■初日・8月19日(土)Hostess Club All-Nighter
Mogwai@Rainbow Stage setlist
01.Coolverine
02.I'm Jim Morrison, I'm Dead
03.Party in the Dark
04.Crossing the Road Material
05.Friend Of The Night
06.Battered at a Scramble
07.New Paths To Helicon, Pt 1
08.We're No Here
09.Remurdered
10.Rano Pano
11.Every Country's Sun
12.Mogwai Fear Satan
13.Old Poisons

RIDE@Rainbow Stage setlist
01.Lannoy Point
02.Lateral Alice
03.Seagull
04.Dreams Burn Down
05.Cali
06.Leave Them All Behind
07.All I Want
08.Taste
09.Vapour Trail
10.Drive Blind

Blanck Mass@Rainbow Stage setlist
01.The Rat
02.Rhesus Negative
03.Silent Treatment
04.Dead Format
05.Please
06.D7-D5
07.The Great Confuso Pt. 2

Cigarettes After Sex@Rainbow Stage setlist
01.Sweet
02.Each Time You Fall In Love
03.K.
04.Sunsetz
05.Nothing's Gonna Hurt You Baby
06.Keep On Loving You (REO Speedwagon cover)
07.Affection
08.Apocalypse
09.Dreaming of You

The Horrors@Sonic Stage setlist
01.Machine
02.Who Can Say
03.In And Out Of Sight
04.Hologram
05.Mirror's Image
06.Sea Within A Sea
07.Weighed Down
08.Still Life
09.Endless Blue
10.Something to Remember Me By
11.I See You

[スポンサードリンク]


■2日目・8月20日(日)
Foo Fighters@Marine Stage setlist
01.All My Life
02.Learn to Fly
03.The Pretender
04.My Hero
05.Big Me
06.Run
07.Rope
08.Walk
09.Times Like These
10.Under Pressure (Queen cover) (Dave on drums and Taylor on vocals)
11.Never Gonna Give You Up (with Rick Astley)(Rick Astley song)
12.Best of You
13.Everlong

BABYMETAL@Marine Stage setlist
01.BABYMETAL DEATH
02.ギミチョコ!!
03.メギツネ
04.Catch me if you can
05.Road of Resistance
06.KARATE
07.ヘドバンギャー!!
08.イジメ、ダメ、ゼッタイ

MAN WITH A MISSION@Marine Stage setlist
01.database
02.Hey Now
03.take what you want
04.Emotions
05.Get Off of My Way
06.Dog Days
07.Dead in end Tokyo
08.Raise your flag
09.FLY AGAIN

Royal Blood@Marine Stage setlist
01.Where Are You Know?
02.Lights Out
03.Come On Over
04.I Only Lie When I Love You
05.Little Monster
06.Hook, Line & Sinker
07.Figure It Out
08.Ten Tonne Skeleton
09.Out of the Black

ALL TIME LOW@Marine Stage setlist
01.Last Young Renegade
02.Damned If I Do Ya
03.Backseat serenade
04.Dirty Laundry
05.Nice2KnoU
06.Cinderblock Garden
07.Something's Gotta Give
08.Weightless
09.Lost In Stereo
10.Dear Maria, Count Me In

INABA / SALAS@Marine Stage setlist
01.SAYONARA RIVER
02.苦悩の果てのそれも答えのひとつ
03.正面衝突 〜 Do Your Own Thang 〜 正面衝突
04.WABI SABI
05.OVERDRIVE
06.MARIE
07.AISHI AISARE
08.TROPHY

CIRCA WAVES@Marine Stage setlist
01.Wake Up
02.Get Away
03.Fossils
04.Stuck
05.Stuck in My Teeth
06.Fire That Burns
07.T-Shirt Weather

The Struts@Marine Stage setlist
01.Put Your Hands Up
02.Could Have Been Me
03.Kiss This
04.One Night Only
05.Put Your Money On Me
06.Where Did She Go

Survive Said The Prophet@Mountain Stage setlist
01.SABI
02.Fool's gold
03.Network System
04.When I
05.Uplifted
06.Follow

Sum41@Sonic Stage setlist
01.The Hell Song
02.Over My Head (Better Off Dead)
03.Fake My Own Death
04.Goddamn I'm Dead Again
05.Underclass Hero
06.Motivation
07.We're All To Blame
08.Walking Disaster
09.No Reason
10.We Will Rock You
11.In Too Deep
12.Fat Lip
13.Still Waiting

Fear, and Loathing in Las Vegas@Sonic Stage setlist
01.Rave-up Tonight
02.Jump Around
03.Thunderclap
04.Party Boys
05.SHINE
06.Return to Zero
07.Let Me Hear
08.Virtue and Vice
09.Love at First Sight

BLUE ENCOUNT@Sonic Stage setlist
01.THE END
02.HEART
03.HALO
04.DAY×DAY
05.Survivor
06.LAST HERO
07.Answer
08.もっと光を
09.SUMMER DIVE

TOTALFAT@Sonic Stage setlist
01.Room45
02.Show Me Your Courage
03.Highway Part2
04.Summer Frequence
05.Revenge of Underdogs
06.Good Fight & Promise You
07.PARTY PARTY
08.Overdrive
09.Place to Try

PassCode@Sonic Stage setlist
01.MISS UNLIMITED
02.bite the bullet
03.TRACE
04.AXIS
05.Club Kids never die
06.Seize the day!!
07.ONE STEP BEYOND

GLIM SPANKY@Rainbow Stage setlist
01.THE WALL
02.闇に目を凝らせば
03.いざメキシコへ
04.怒りをくれよ
05.美しい棘
06.アイスタンドアローン

さユり@Rainbow Stage setlist
01.平行線
02.フラレガイガール
03.それは小さな光のような
04.十億年

パスピエ@Beach Stage setlist
01.あかつき
02.永すぎた春
03.チャイナタウン
04.トキノワ
05.MATATABISTEP

Trevor Horn Band@Garden Stage setlist
01.Two Tribes (Frankie Goes to Hollywood cover)
02.Video Killed the Radio Star (Buggles song)
03.All the Things She Said (t.A.T.u. cover)
04.Rubber Bullets (10cc cover)
05.Cry (Godley & Creme cover)
06.Living in the Plastic Age (Buggles song)
07.Slave to the Rhythm (Grace Jones cover)
08.The Power of Love (Frankie Goes to Hollywood cover)
09.Can't Fight The Moonlight
10.Owner of a Lonely Heart (Yes song)
11.Kiss From a Rose (Seal cover)
12.I'm Not in Love (10cc cover)
13.Sky Show
14.SunSunSunrise (with 9nine)
15.Relax (Frankie Goes to Hollywood cover)

POND@Garden Stage setlist
01.30.000 Megatons
02.Elvis' Flaming Star
03.Waiting Around for Grace
04.Sweep Me Off My Feet
05.Don't Look at the Sun or You'll Go Blind
06.Paint Me Silver
07.Giant Tortoise
08.The Weather
09.Man It Feels Like Space Again

CY8ER@Side-Show Stage setlist
01.はくちゅーむ
02.ごーしゅー!
03.リミックスタート

パンダみっく@Side-Show Stage setlist
01.ヒズムリアリズム
02.パラレルワ
03.今夜が終わらない

RYUTist@Side-Show Stage setlist
01.日曜日のサマートレイン
02.海岸ROADでオトナッTunes!
03.ラリリレル
[スポンサードリンク]


大阪はこちら
サマソニ2017、セットリストまとめ 大阪(舞洲SONIC PARK/舞洲スポーツアイランド)編

サマソニ2017、出演者第1弾
サマソニ2017、出演者第2弾
サマソニ2017、出演者第3弾
サマソニ2017、フー・ファイターズ出演決定
サマソニ2017、ブラック・アイド・ピーズ出演決定
サマソニ2017、日程別ラインナップ決定
サマソニ2017、ステージ別ラインナップ(2017年5月1日時点)
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第1弾
サマソニ2017、出演者第9弾
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第2弾
サマソニ2017、出演者第10弾
サマソニ2017、出演者第11弾
サマソニ2017、出演者第12弾
サマソニ2017、出演者第13弾
サマソニ2017、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』出演者一覧
ソニマニ2017、追加発表
ソニマニ2017、出演者第14弾
サマソニ2017東京『IDOL SONIC』出演者
サマソニ2017東京『SPACE ODD STAGE』出演者
サマソニ2017、『JUNGLE STAGE』『KIDS CLUB』『GREEN FIELD』etc.追加出演者
ソニマニ2017、全出演者一覧

以下、公演概要

■SUMMER SONIC 2017
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
   大阪:大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2017/

■SONICMANIA 2017
日時:2017年8月18日(金)
会場:幕張メッセ

■HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
日時:2017年8月19日(土)開場 22:30 / 開演 23:30
会場:幕張メッセ
チケット:サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定特別価格¥5,000(税込)
     一般価格¥9,500(税込)
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月19日(土)午後22:30〜8月20日(日)午前5:00までとなります。

・その他、2017年のフェス/イベント情報はこちら。

■過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2007
SUMMER SONIC 2008
SUMMER SONIC 2009
SUMMER SONIC 2009
SONICMANIA 2011
SUMMER SONIC 2011
SUMMER SONIC 2012
SUMMER SONIC 2013
SUMMER SONIC 2014
SUMMER SONIC 2015
SUMMER SONIC 2016
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月20日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part2 #サマソニ

SUMMER SONIC 2017サマソニ2017)の東京・2日目・8月20日(日)・レポート part2です。
SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part1から続く。

セットリスト一覧はこちら。
サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

[スポンサードリンク]


MARINE STAGEにてINABA / SALASを見る。
サマソニ2017、INABA / SALAS
名前の通り、B'zの稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるユニット。
結成の経緯とかよく知らんのだけれども、どうやら20年以上の旧知の仲らしい。
そしてお互いベテランなだけに国籍を超えて息ぴったりな演奏に歌。
それにしても、稲葉浩志は年取らんなぁ。。
途中、Tシャツを捲り上げ腹筋見せつけて客大歓声って感じでした。


途中で抜けて、今度はマリンスタジアムと幕張メッセを往復する無料のシャトルバスに乗って移動。

メッセに着いて、外出て喉が乾いたのでイオンウォーターの900mlのでかいやつを購入。
しばらくプラプラ。
クロワッサンサーカスってのを見たり、サマソニガールがSNS用にプラカード持って歩いてたので一緒に写真撮ったり。
(その写真は恥ずかしいのでアップしません)

Side Show StageではBESTIEMという2人組のアイドルが出てた。
元アイドリングの人たちらしい。
松竹芸能所属らしく、よゐこの濱口優とか芸人の先輩達が客席で観てた。
で、歌の後にはなぜか一発芸を2人で披露して滑りまくってました(笑)

お腹が空いたので永谷園冷製お茶漬けを食べた。

MOUNTAIN STAGEにてJasmine Thompsonを見る。
サマソニ2017、Jasmine Thompson
ロンドン生まれの17歳だって。
赤いジャージが印象的なかわい子ちゃんでした。
実は全然チェックしてなくてどんな音かも知らなかったんだけど、意外とロックな曲もあって面白かった。

続いてSPACE ODD STAGEで、こちらも前知識一切なしの仮谷せいらを見る。
個人的にはあまりピンと来なかったな。

サイドショーに戻り、天才ギタリスト、Li-sa-Xを見る。
サマソニ2017、Li-sa-X
着いた時はまだリハやってんだけど、すでにそこからすごかった。
小学生の頃に注目を集め、現在12歳の中1。
ギターテクもさることながら選曲がVan Halen、Dream Theater、Racer X(もちろん彼女のアーティスト名はここから取られていますね)ってとこが渋い。
アルプス一万尺をオリジナルアレンジした代表曲や、その他のオリジナル曲もなかなかかっこよかった。
MCとのギャップがすごかった。

MOUNTAIN STAGEヘRICK ASTLEYを見に行く。
サマソニ2017、RICK ASTLEY
相変わらず童顔のリックさん。
この人の曲はあの大ヒット曲"Never Gonna Give You Up"しか知らなかったけど、「ザ・エンターテイナー」って感じで盛り上げかたが上手くてとても楽しい。
意外とロックな人だなぁと思ったら、自らドラムを叩きながらAC/DCの"Highway to Hell"をカバーしだしたのには驚いた。
コーラスのお姉さんがギターを持ちあのリフを弾き、リックにドラムを取られたドラマーはホウキでエアギターしてて、バンドの演出も最高でした。

最後まで観たいのをこらえて移動することに。(もちろん最後にあの曲をやったっぽい。でもいいさ。なぜならこの後・・・。詳細はpart3で)

今回はマリンへもバスで移動。

私はいまだにせっせとポケモンGOをやってるんだけど、マリンスタジアムに着いたら伝説ポケモンのサンダーのレイドバトルをやってた。
サマソニの最中にやってる人なんかいないだろうとは思いつつもバトルに挑むと、なんと10人もやってる人がいて無事倒すことができました。

と、予定より無駄に時間を使ってしまったのでRブロックまで行くのを諦めてスタンド席に入った(スタンドはLもRも関係ないからね)。
スタンドにてRoyal Bloodを観戦。
サマソニ2017、Royal Blood
夕方手前、昼頃に比べて人が増えてがスタジアムも埋まってきた。
そんなスタジアムをたった2人、しかもギターレスの編成で制圧する音圧。
モッシュサークルもできるほどの盛り上がり。
MCでは「今度テレビにでるよ」的なこと言ってた(どうやら日テレのスッキリにでたっぽい)
聴きたかった"Ten Tonne Skeleton"が聴けて個人的にはとても興奮した。
最後の"Out of the Black"ではボーカルのマイクも参加して2人でドラムを叩いて終了。

スタジアムを出てバスに乗りメッセへ移動。



SONIC STAGEでNew Found Gloryをチラ見。
サマソニ2017、New Found Glory
「20 YEARS OF POP PUNK」と書かれた幕をステージバックに掲げ、自ら「ポップ・パンク」と言ってしまう潔さが音にも表れていた。
かっこいい。

続いてMOUNTAIN STAGEでDAYA
サマソニ2017、DAYA
バックバンドは女性だけ(途中で出てきたゲストギタリストは男性でした)
デビューフルアルバム『Sit Still, Look Pretty』が出たばかりだけど、やはりどうしても期待してしまうThe Chainsmokersの"Don't Let Me Down"も聴けて盛り上がった。

DAYA終わりで移動しながらSPACE ODD STAGEでNao Kawamuraをチラ見。
サマソニ2017、Nao Kawamura
SuchmosやWONKなど最近注目のバンドの作品やライブに参加しているシンガーだそうです。
そういや去年のフジロックのルーキーステージにも出てましたね。

ここで喉が乾いたのでヘネシージンジャーを1杯飲む。
これから始まるメインの時間に備えてね。

SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part3に続く。

セットリスト一覧はこちら。
サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

サマソニ2017、出演者第1弾
サマソニ2017、出演者第2弾
サマソニ2017、出演者第3弾
サマソニ2017、フー・ファイターズ出演決定
サマソニ2017、ブラック・アイド・ピーズ出演決定
サマソニ2017、日程別ラインナップ決定
サマソニ2017、ステージ別ラインナップ(2017年5月1日時点)
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第1弾
サマソニ2017、出演者第9弾
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第2弾
サマソニ2017、出演者第10弾
サマソニ2017、出演者第11弾
サマソニ2017、出演者第12弾
サマソニ2017、出演者第13弾
サマソニ2017、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』出演者一覧
ソニマニ2017、追加発表
ソニマニ2017、出演者第14弾
サマソニ2017東京『IDOL SONIC』出演者
サマソニ2017東京『SPACE ODD STAGE』出演者
サマソニ2017、『JUNGLE STAGE』『KIDS CLUB』『GREEN FIELD』etc.追加出演者
ソニマニ2017、全出演者一覧
サマソニ2017、全出演者一覧

以下、公演概要

■SUMMER SONIC 2017
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
   大阪:大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2017/

■SONICMANIA 2017
日時:2017年8月18日(金)
会場:幕張メッセ

■HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
日時:2017年8月19日(土)開場 22:30 / 開演 23:30
会場:幕張メッセ
チケット:サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定特別価格¥5,000(税込)
     一般価格¥9,500(税込)
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月19日(土)午後22:30〜8月20日(日)午前5:00までとなります。

・その他、2017年のフェス/イベント情報はこちら。

■過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2007
SUMMER SONIC 2008
SUMMER SONIC 2009
SUMMER SONIC 2009
SONICMANIA 2011
SUMMER SONIC 2011
SUMMER SONIC 2012
SUMMER SONIC 2013
SUMMER SONIC 2014
SUMMER SONIC 2015
SUMMER SONIC 2016
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月20日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part1 #サマソニ

SUMMER SONIC 2017サマソニ2017)の東京・2日目・8月20日(日)・レポート part1です。

サマソニ2017、ゲートとサマソニガール

セットリスト一覧はこちら。
サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

[スポンサードリンク]


10時半に海浜幕張駅に到着。
幕張メッセでリストバンド交換。
今年は日曜の1日券での参加だったので交換もスムーズ。

中に入りまずはRAINBOW STAGEヘ。

さユりを見る。
ステージ前面に薄い幕がかかっていて、そこに「酸欠少女さユり」と文字が映し出されていました。
サマソニ2017、さユり
時間になりさユり登場。
青いポンチョみたいなものを着たさユりは小柄なので抱えるアコギがやたらでかく見えた。
ステージ前面にかかっている幕はライブ中もそのままで、スクリーンの代わりになっていて歌詞とか映像が映し出されてて面白かったです。
RADWIMPSの野田洋次郎に作ってもらったという曲なんかもやってました。
バックバンドのことをバックガスマスクって言ってた。

途中で切り上げメッセ内をプラプラ。
今年から新設されたSPACE ODD STAGE(Side Show Stageくらいの大きさ)に行くとヨガやってた。
でよく見ると、ヨガインストラクターの横でなにやら演奏してる人がいてよく見たらGOMA & The Jungle Rhythm Sectionのディジュリドゥ奏者のGOMAでした。
よくわからんけど、妙にヨガとディジュリドゥの音がマッチしてた。

SONIC STAGEでSWMRSを見る。
サマソニ2017、SWMRS
活きの良い若いパンクバンド。
ボーカルが女性物のワンピース着てたのがなんかやんちゃしようとしてる感じで微笑ましい。
調べるとドラムがGreen Dayのビリー・ジョー・アームストロングの息子だって。遠目にだけどよく見ると似てる!
モッシュサークルを作ったりと盛り上がってた。

そろそろMARINE STAGE方面に行こうと移動開始。
途中、MOUNTAIN STAGEを抜けながらLittle Glee Monsterをチラ見。
サマソニ2017、SWMRS

外に出てフラフラと徒歩でマリンスタジアムへ。
途中の通路とかがライトアップとかされてた。
サマソニ2017、通路

今年はどうやら2日券のリストバンド交換所が変わったらしく、マリンスタジアムの正面にゲートができてた。



ゲートを抜けスタジアムの中へ。
相変わらずチケットをギリギリで取ったためにRブロックだったので、アリーナ入り口が遠い。。。

奥の方まで歩いて中に入り、CIRCA WAVESを見る。
サマソニ2017、CIRCA WAVES
サマソニで見るのは2014、2015年に続き3回目。そして初マリンです。
2回目に観た時に1回目よりすごく良くなってて、さらに今年出た2nd『Different Creatures』がかなり良かったので期待して臨む。
その2ndのジャケットのアートワークが誇らしげにステージバックに掲げられ、そのド派手な真っ赤な絵に負けない熱いライブを繰り広げる。
昨日はゲリラ豪雨があったようだけど、今日は曇りの予報を覆し、太陽も照ってきて会場全体の雰囲気もどんどんヒートアップしてきた。
私も聴きたかった"Fire That Burns"とかやってくれてテンション上がりました。
最後はボーカルのキーランは「Enjoy the Foo Fighters」と言い残し、ドラマーのコリンはステージから降りてきてファンの持っていた応援フラッグとドラムスティックを交換して去って行きました。

スタジアムを出てBEACH STAGE方面へ。
いつも通りスタジアムの横の方にゲートがあるとこまでは一緒だったんだけど、ステージ自体の配置が今までと変わって入り口もちょっと近くなった気がする。

ビーチではFAKYという4人組女性ダンスボーカルユニットがライブ中でした。
サマソニ2017、CIRCA WAVES
いい感じでチャラい彼女たちの歌を聴きながら、腹ごしらえ。

マルゲリータピザの1/4サイズのものを食べた。
フジロックに続き、お酒はなんとなく控えた。

再びスタジアム方面に行くと、バーレスクのお姉さん達がパレードしてた。

SUMMER SONIC 2017・東京・2日目・8月20日(日)・レポート part2に続く。

セットリスト一覧はこちら。
サマソニ2017、セットリストまとめ 東京(ZOZOマリンスタジアム/幕張メッセ)編

サマソニ2017、出演者第1弾
サマソニ2017、出演者第2弾
サマソニ2017、出演者第3弾
サマソニ2017、フー・ファイターズ出演決定
サマソニ2017、ブラック・アイド・ピーズ出演決定
サマソニ2017、日程別ラインナップ決定
サマソニ2017、ステージ別ラインナップ(2017年5月1日時点)
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第1弾
サマソニ2017、出演者第9弾
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』第2弾
サマソニ2017、出演者第10弾
サマソニ2017、出演者第11弾
サマソニ2017、出演者第12弾
サマソニ2017、出演者第13弾
サマソニ2017、『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』出演者一覧
ソニマニ2017、追加発表
ソニマニ2017、出演者第14弾
サマソニ2017東京『IDOL SONIC』出演者
サマソニ2017東京『SPACE ODD STAGE』出演者
サマソニ2017、『JUNGLE STAGE』『KIDS CLUB』『GREEN FIELD』etc.追加出演者
ソニマニ2017、全出演者一覧
サマソニ2017、全出演者一覧

以下、公演概要

■SUMMER SONIC 2017
日時:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:東京:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ
   大阪:大阪府 舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)
http://www.summersonic.com/2017/

■SONICMANIA 2017
日時:2017年8月18日(金)
会場:幕張メッセ

■HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
日時:2017年8月19日(土)開場 22:30 / 開演 23:30
会場:幕張メッセ
チケット:サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定特別価格¥5,000(税込)
     一般価格¥9,500(税込)
※HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER入場券のご利用有効期限は8月19日(土)午後22:30〜8月20日(日)午前5:00までとなります。

・その他、2017年のフェス/イベント情報はこちら。

■過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2005
SUMMER SONIC 2007
SUMMER SONIC 2008
SUMMER SONIC 2009
SUMMER SONIC 2009
SONICMANIA 2011
SUMMER SONIC 2011
SUMMER SONIC 2012
SUMMER SONIC 2013
SUMMER SONIC 2014
SUMMER SONIC 2015
SUMMER SONIC 2016
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月20日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. SONICMANIA 2017@幕張メッセ 感想&セットリスト #ソニマニ #ソニックマニア

幕張メッセで行われたSONICMANIA 2017ソニックマニア2017ソニマニ)に行ってきました。

ソニマニ2017 SONICMANIA 2017

平日ということで、仕事をなんとか切り上げ21時半までには海浜幕張駅に着くぞー!と意気込んで家を出発したもののなんと乗り換えで電車を間違って・・・

なんとか22時過ぎにに幕張メッセに到着。
[スポンサードリンク]


入場に10分以上かかってなんとか中へ入り22時開始のPerfumeパフューム)を見にCRYSTAL MOUNTAIN(サマソニで言うところのMOUNTAIN STAGE)へ。
(開演に間に合わず、一緒に行ったPerfume好きの妻に本当に申し訳ない。。。)
ソニマニ2017、Perfume
中に入ると数曲終わってMCのところ。
ソニマニがいかに好きかって話をしていた。
楽屋がカサビアンとパーテーション一つでしか離れてなかったという話から「パー」「テー」「ション」の3つに別れて声を出したり、
そこからメドレーへ。
ミーハーな私は"ポリリズム"が聴けて満足。
なぜか過去にPerfumeを見たのが全て幕張メッセなので既視感はありまくりでしたが音はいつにもましてバキバキだった気がする。
妻大興奮の"SEVENTH HEAVEN"(滅多にやらないらしいですね)の後はおなじみのP.T.A.のコーナー。
「男子ー」とか「メガネー」とかおなじみのことやったり、「歯磨きの歌」を歌ってたら歯磨き粉のCMの依頼がきたという話からチャットモンチーに作ってもらったという歯磨きの歌を歌ったり。
その後、ライブに戻り最後まで盛り上がって終了。
3人で深々とお辞儀して去って行きました。

・Perfume setlist
01. FLASH
02. GLITTER
03. Miracle Worker
04. メドレー
 ポリリズム
 Spring of Life
 Cling Cling
 NIGHT FLIGHT
05. SEVENTH HEAVEN
---P.T.A.---
06. FAKE IT
07. ワンルーム・ディスコ
08. if you wanna
09. TOKYO GIRL

SONIC WAVE(サマソニで言うところのSONIC STAGE)に移動しJUSTICEジャスティス)をチラっと観る。
ソニマニ2017、Justice
向かい合って立つ2人。
バックにはトレードマークの十字架が光る。
左右に積み上げられたアンプにライトが当たって光る(プロジェクションマッピング的な?)。
フルで見たかったなぁ。

・Justice setlist
01. Safe and Sound
02. D.A.N.C.E
03. Canon / Love S.O.S
04. Genesis
05. Phantom / Pleasure / Newjack
06. Civilization / Heavy Metal / DVNO
07. Stress
08. Love S.O.S
09. Alakazam! / Fire / Love S.O.S
10. Waters of Nazareth
---encore---
11. We Are Your Friends
12. Chorus
13. Audio, Video, Disco

ジャスティス終わりでドリンクチケットを使ってオフィシャルバーでビールを買って飲む。

ドリンクの行列で時間を食ったのでちょっと遅れてLIAM GALLAGHERリアム・ギャラガー)を見にCRYSTAL MOUNTAINへ。
ソニマニ2017、LIAM GALLAGHER
どうやらオアシス時代の定番"Fuckin' in the Bushes"のSEに乗って登場したよう。
"Rock 'n' Roll Star"をやってる途中で着いたんだけど、ステージのバックにはデーンとバックドロップに書かれた「LIAM GALLAGHER」の文字と、アンプだか台だかに書かれた「ROCK'N'ROLL」の文字が目に飛び込んできてなんだか嬉しくなった。
リアムの声も調子良さげ。
そんなリアムはいかにもリアムらしい暑そうな格好をしてた。
続けてoasisナンバー"Morning Glory"を投下してさらに盛り上げた後は、ソロシングル"Wall of Glass"。
曲紹介のMCがマンチェ訛りバリバリで英語ペラペラの妻も「全然何言ってるかわからない」と言ってた(笑)
その後も今度出るソロアルバム『As You Were』に入るであろう曲にオアシスの曲にと混ぜて進む。
オアシスと並べちゃうとまだまだだけど、アルバム楽しみだなぁ。
終盤はオアシスナンバー3連発。
暑そうな格好なのになぜかさらにフードまでかぶって歌った"Be Here Now"から、"Live Forever"、"Wonderwall"という大盤振る舞い。
もはや9割方の人がスマホで動画撮ってた。。。
個人的には"D'You Know What I Mean?"も含め『Be Here Now』から2曲も聴けたのが良かった。

・Liam Gallagher setlist
SE. Fuckin' in the Bushes (Oasis song)
01. Rock 'n' Roll Star (Oasis song)
02. Morning Glory (Oasis song)
03. Wall of Glass
04. Greedy Soul
05. Bold
06. For What It's Worth
07. D'You Know What I Mean? (Oasis song)
08. Slide Away (Oasis song)
09. Eh La
10. Chinatown
11. I Get By
12. You Better Run
13. Universal Gleam
14. Be Here Now (Oasis song)
15. Live Forever (Oasis song)
16. Wonderwall (Oasis song)

SONIC WAVEでSHOBALEADER ONEショバリーダー・ワン)の後半を観る。
ソニマニ2017、SHOBALEADER ONE
機材トラブル(日本に機材が届かなくて急遽集めてセッティングしたとかいう話らしい)で開始が遅れたおかげで時間が後ろにずれて結構聴くことができた。
バンドメンバー全員がスクエアプッシャーの時もかぶっている例のマスクを着用。
ロックバンド的カタルシス。いやぁかっこいいねこれ。
スクリーンに映る演奏のアップ映像だけでうまい飯が食える。

・SHOBALEADER ONE setlist
01. Coopers World
02. Hello Meow
03. Iambic 5 Poetry
04. Squarepusher Theme
05. E8 Boogie
06. Tensor in Green
07. Delta-V
08. Anstromm-Feck 4
09. Tetra-Sync
10. A Journey to Reedham (7am Mix)



急いでMOUNTAINに移動しKASABIANカサビアン)を観る。
ソニマニ2017、KASABIAN
オアシスの弟分なんて言われていたのも今は昔、堂々たるヘッドライナーです。
心電図の音のようなものが流れ、徐々に早くなっていってライブ開始!
最新作『For Crying Out Loud』の1曲目"Ill Ray (The King)"からスタート。
そこから各アルバムのシングル曲を連発。
作品ごとに音楽性を変えているのにどれもカサビアン印なのがすごい。
最新作からの"You're in Love With a Psycho"も過去の曲と同じくらい客の反応がいいってのがこれまたすごい。
アルバム6枚も出してるバンドでなかなかこういうリアクションをしてもらえることなんてそうそうないですよ。
2nd以降全て全英1位はダテじゃない(最近のUKの若手バンドってアメリカでTOP10にどんどん入っているのに、彼らの人気がイギリスに偏ってるのは面白いですね。その辺はオアシスにそっくり)
とはいえ、一際盛り上がったのは"Club Foot"。これはもう仕方ないですね。だって最高だもん。

サージがリードヴォーカルをとる"Treat"ではステージを練り歩くだけじゃなくて、客席まで降りてきて通路も練り歩く。
そんなサージがトムの額にキスして始まったのが本編最後"L.S.F."。
これも大合唱。

そんな"L.S.F."のコーラスが巻き起こったアンコールでは最新作収録の"Comeback Kid"。
今回のバンドにはトランペットも帯同してて、これがまた音に厚みを加えててめちゃくちゃかっこ良かったんだけど、この曲は特に最高でした。
締めは"Fire"。
その前にジャケットのおじさんも出て来た!(ローディーらしい)
しゃがませてジャンプという最早いろんなアーティストがやってるど定番もやってライブ終了。
最後はトムとサージ2人とも降りて通路を練り歩いてました。

・KASABIAN setlist
01. Ill Ray (The King)
02. Bumblebeee
03. Eez-Eh (Daft Punk's "Around the World" outro)
04. Underdog
05. Shoot the Runner
06. You're in Love With a Psycho
07. Club Foot
08. Treat
09. Switchblade Smiles
10. Bless This Acid House
11. Stevie
12. L.S.F. (Lost Souls Forever)
---encore---
13. Comeback Kid
14. Vlad the Impaler
15. Fire

ベスト盤のようなカサビアンのライブを見た後は、SONICでちょっとだけ電気グルーヴ
ソニマニ2017、電気グルーヴ
今日も3人いたのでagraphも一緒かな。
最後の"ユーフォリック"だけ見れたけど、映像が面白かった。

・電気グルーヴ setlist
01. 人間大統領
02. Fallin' Down
03. プエルトリコのひとりっ子
04. いちご娘はひとりっ子
05. Missing Beatz
06. SHAMEFUL
07. 新幹線
08. FLASHBACK DISCO
09. Baby's on Fire
10. N.O.
11. Love Domination
12. ユーフォリック

電気終わりの渋滞を抜けSPACE RAINBOW(サマソニで言うところのRAINBOW STAGE)に移動して!!!チック・チック・チック)をチラ見。
相変わらず短パン
セクシーな女性ボーカルもいました。

・!!! setlist
01. NRGQ
02. All U Writers
03. Pardon My Freedom
04. Our Love (U Can Get)
05. Dancing Is the Best Revenge
06. Freedom! '15
07. One Girl/One Boy
08. The One 2
09. Heart of Hearts
10. Slyd

電気・!!!とちょっとだけしか見れなかったけど、最後はMountainでORBITALオービタル)をがっつりと。
ソニマニ2017、ORBITAL
パフュームと同じく、オービタルっつうとだいたい幕張メッセ。
お客にもチラホラいたライトのついたメガネを着用したおっさん二人(ハートノル兄弟)という構図はいつもながら安定してますが今日も今日とて最高。
特にめちゃくちゃ低音が効いててバッキバキ。
最近街でよく着てる人を見かけるJoy Divisionの「Unknown Pleasures」柄のTシャツを着てたり、"Halcyon"ではベリンダ・カーライルの"Heaven Is a Place on Earth"を挟み込んだりとベタベタなところもありつつ、そこはベテランの余裕か。
ど深夜の1時間半のセットということで途中疲れて座ったりしてたけど、最終的には座っていられず最後まで踊った。
アンコールでは"Chime"も聴けたし大満足。

・Orbital setlist
01. Lush 3
02. Impact (The Earth Is Burning)
03. Copenhagen
04. Wonky
05. Forever
06. The Girl With the Sun in Her Head
07. Satan
08. Halcyon (Belinda Carlisle's "Heaven Is a Place on Earth")
09. Belfast
---encore---
10. The Box
11. Chime
12. Where Is It Going?

正直サマソニ本編より豪華なソニマニでした。

【サイト内関連記事】
SONICMANIA 2011
SONICMANIA 2015@幕張メッセ (MARILYN MANSON、THE PRODIGY、Perfume 他) 感想&セットリスト
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年08月19日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. Cocco@日本武道館 『Cocco 20周年記念 Special Live』 感想&セットリスト 

Coccoのデビュー20年を記念して開催された『Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜 一の巻 × 二の巻 〜』のその1に行ってきました。

※2日間のセトリを下の方にまとめています。

Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 〜 一の巻に行ってきました

[スポンサードリンク]


一の巻は初期を支えたメンバーにによる編成でのライブ。
こんな面子。

Drums:向山テツ
Bass:根岸孝旨
Guitar:白井良明
Guitar:長田 進
Keyboards:柴田俊文
Violin:武藤祐生

名前を見るだけで胸熱。
特に核となす根岸・長田のDr.Strange Love組は私のような奥田民生好きのCocco好きにはたまらんですね。

仕事終わりでダッシュで武道館へ。
開演時間の18時半すぎに中に入り汗だくで席に着く。
東側の席なのでステージに向かって右の真横、ほぼ天井っていう感じの最後尾の席。
チケットは当然のソールドアウト。

ステージ上はまだスタッフがセッティング中。
みんなお揃いの法被を着てました。

18時40分頃、BGMが大きくなりいよいよ開演。
バンドメンバー、そして、白いワンピースを着たCoccoが登場。
もちろん裸足です。

1曲目は"カウントダウン"。
20年前の1997年にリリースされた彼女のデビューシングルで幕開け。

細い体を前後に揺らしながら歌うCoccoの姿に釘付け。
武道館でかなり上の方の席だったのでバンドの演奏はちょっと反響がでかくて聴きにくいとこもあったけど、彼女の声はまっすぐ届く。

全然関係ないけど、彼女の細いけどパワフルな動きが2004年に同じく武道館で同じような角度から見たデヴィッド・ボウイを思い出した。

序盤は"水鏡"、"けもの道"、"走る体"とハードな曲が続く。
イントロだけ聴いているとヘヴィ・ロックのライブにでも来たかのよう。

初期の頃はいわゆるグランジ的な音の印象は確かに強いなぁ。

前半は激しめに行くかと思ってたところでふいに"やわらかな傷跡"が始まる。
このふり幅が好き。

Coccoのダンスも飛び出したチャーミングな"Drive you crazy"の後最初のMC。

「メンバー紹介しましょうねぇ」というほんとに沖縄のその辺にいるお姉ちゃんって感じのしゃべり方が素敵。

「もう大人なんだから自己紹介しなさいよ」と言ったそばから、メンバーが順々に紹介するという方式に変更。
Cocco→白井→向山→柴田→武藤→長田→根岸
という順番で。

「素晴らしいベーシストであり、素晴らしいプロデューサーであり、同じバンドのメンバーでもある根岸孝旨」と紹介されたネギによるCoccoの紹介が泣けた。

「いつまでもそんな乙女でいてください。みなさんもたぶん彼女のおかげで励まされたり泣いたりしたと思います。私がその代表です。我らが歌姫Cocco」

私たちファンだけでなく、他のバンドメンバーですら分かり合えないであろう、この2人だけの繋がりを想像するだけでジーンときます。

そして、ここからよりアコースティックなアレンジになった"Raining"の流れは反則過ぎた。
私の周りでも涙をぬぐっている人がちらほら。
長田さんのアコギのストロークも沁みる。

次の"しなやかな腕の祈り"では白井良明がアコギを担当。
なんつうかよくよく考えるとすごいメンツですね。

序盤とは対照的に、"コーラルリーフ"、"日の照りながら雨の降る"、"手の鳴るほうへ"と穏やかなんだけど、力強く響く歌詞と歌声が印象的な曲が続く。
特に後者の2つは活動再開してからの曲で明らかにそれまでとは違う雰囲気がありますね。



ここで2回目のMC。
「具合悪い人いないよね?」と客を気遣いつつ、「ちょっとおしゃべりしましょうね」とこれまた沖縄の近所のお姉さんな語り口で、昔のライブ会場で住所を書いてもらってDMを送るってのをやってたという話を。
活動休止する時に事務所からそのDMリストを盗んで逃げたんだとか。
「今だから懺悔します」と笑いを誘いつつ、それをどうしたかという話に。

そのリストを大学ノートに書き出し、名前を呼んでみた、と。
「みんなは『こっこ』って呼べるのに、みんなのことは『みんな』としか呼べない。それに罪悪感を感じていた」と。
「試すみたいであれだけど、その時名前を呼んだ人はここにいるのかな」と言うと会場のあちこちから「手紙もらったよー」って声が上がり、それに対して「名前呼んだよ ありがとう」と。
これだけファンのことを思ってくれる人なんているんだろうか・・・

感動しっぱなしの中、演奏に戻る。
今日は初期の曲をやるライブだったけど、次の"ありとあらゆる力の限り"だけ唯一2014年の曲。
この曲が選ばれた理由が知りたい。
どんな思いが込められていたんだろう。

ここから終盤に突入したなというセトリで進む。
壮大なサウンドスケープがかっこいい"ポロメリア"、MCで「ウィーンてなる」とCoccoが白井のギターのイントロについて言っていた出世作"強く儚い者たち"(先のMCでCoccoが「つよはか」って略してたのが面白かった)、"樹海の糸"と言う流れ。

続く"音速パンチ"は、「光」が最も合う曲だったのか入場時に全員に配られたボールペンライトを大勢の人が振ってすごく綺麗でした。
Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days ボールペンライト

そして個人的ハイライト。
今日のバンドメンバーならこの曲が聴けるんじゃないかと密かに期待していた"Rainbow"。
DSLの曲で、作詞・作曲どちらもCoccoが一切関わってない曲。
もうこれから先、今日を逃すとこの曲を聴ける機会はないんじゃないと思っていたので本当に嬉しかった!
イントロのドラムだけでこの曲だとわかって震えた。

私の近くの席にもこの曲だけやたら体を揺らしている人がいてそれも嬉しかった。
とにかくこの曲のミュージックビデオが素晴らしいので見たことない人は絶対見て欲しい。

そこからの2曲"焼け野が原"("Rainbow"はこのシングルのカップリングに入ってます)と"風化風葬"はどうしても活動休止の時と記憶がリンクしてしまっていたけど、今のCoccoが歌うと単純にいい曲として聴けるのが嬉しい。

そして、「次の最後の曲です」と最後のMCを始める。
「わたしたちはもう大丈夫な気がする」
「もう死んでもいいってところから生きてて良かったというところまでみんなでよく来たね」
「愛してるってわかったら大丈夫だったね。愛って一番の自由な気がします」と。
そして、「みんなにもらうその自由を大事に生きていきます」と。
「みんなからの愛で生かされてる」ってことだよね。
「身にあまる素敵な人生をありがとう」と言ってたけど、本当こちらこそありがとうと言う気持ちにさせられ、最後の曲。

最後は"もくまおう"。
ベスト盤にのみ収録されていた曲。
この曲を最後に選んだ理由、歌詞の意味は本人のみぞ知ることだろうけど、「わたし」「あなた」「愛」と出てくる歌詞の「あなた」はここでは「みんな」なのかなと想像したり。

そして、歌を歌い終え、アウトロが鳴る中、前・左右の客席にバレリーナの挨拶(レヴェランスっていうらしい)をしたり、投げキッスをしたりした後、ステージ脇へ走り去っていきました。

圧巻の演奏を終え、主役がいないままバンドメンバーが全員前に出てきて横に並んで手をつないで挨拶して、惜しみない拍手の中ライブ終了。
もちろんアンコールなどありません。

あっという間の2時間でした。
圧倒的な自由をもらって会場を後にしました。

会場の外には歴代の衣装が展示されていました。

Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 衣装展1
初期Coccoの代名詞と言える学校のジャージ。
実はCoccoは私の高校の先輩なのですが、上の世代のジャージはNikeだった気がする。(うちらの世代は違うブランドでした)
Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 衣装展2

明後日14日(金)に行われる「二の巻」には残念ながら行きませんが、次はフジロックで今のCoccoを見届けに行きます。(二の巻のセトリも後で更新予定)

以下、セットリスト。

2017.07.12 Cocco@日本武道館 Setlist

01. カウントダウン
02. 水鏡
03. けもの道
04. 走る体
05. やわらかな傷跡
06. Drive you crazy
07. Raining
08. しなやかな腕の祈り
09. コーラルリーフ
10. 日の照りながら雨の降る
11. 手の鳴るほうへ
12. ありとあらゆる力の限り
13. ポロメリア
14. 強く儚い者たち
15. 樹海の糸
16. 音速パンチ
17. Rainbow
18. 焼け野が原
19. 風化風葬
20. もくまおう

こんな人たちからも花が届いてた。

Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days 沖縄タイムスからの花
Cocco 20周年記念 Special Live at 日本武道館 2days マツコデラックスからの花
マツコとCoccoの対談はこちらで読めます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クイック・ジャパン Vol.91 / クイックジャパン編集部 【本】
価格:972円(税込、送料別) (2017/7/14時点)


 



2017.07.14 Cocco@日本武道館 Setlist

01.焼け野が原
02.ドロリーナ・ジルゼ
03.強く儚い者たち
04.遺書。
05.Raining
06.箱舟
07.キラ星
08.やわらかな傷跡
09.樹海の糸
10.Heaven's hell
11.手の鳴るほうへ
12.オアシス
13カウントダウン
14.絹ずれ 〜島言葉〜
15.音速パンチ
16.BEAUTIFUL DAYS
17.blue bird
18.Never ending journey
19.ジュゴンの見える丘
20.有終の美
[スポンサードリンク]


【サイト内関連記事】
Rainbow / Cocco (焼け野が原 収録)
Raining / Cocco (クムイウタ 収録)
Cocco復活!?
音速パンチ / Cocco (ザンサイアン 収録)
雲路の果て / Cocco (ラプンツェル 収録)
白い狂気 / Cocco (ラプンツェル 収録)
ニライカナイ / Cocco (エメラルド 収録)
「CまでNight ♥ ワンツースリー」@Zepp DiverCity Tokyo (Cocco、Plenty、ヒトリエ) 感想&セットリスト
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年07月12日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. 汝、我が民に非ズ(町田康新プロジェクト)@神楽音 感想&セットリスト

東京・神楽坂に今年2017年5月末に新しくできたライブハウス、神楽音(KAGURANE)にて町田康の新プロジェクト、汝、我が民に非ズの「実演」を観てきました。

神楽坂の神楽音で町田康の新プロジェクト、汝、我が民に非ズの実演を見に行ってきた

ちなみに神楽音に行くのは初めて。
神楽音自体の説明も下の方にまとめてみました(神楽音へ

汝、我が民に非ズは2015年くらいから活動していて、メンバーはこんな感じ。

町田康 (Vocal)
野田博 (Sax)
大古富士子 (Key)
中村'JIZO'敬治 (Guitar)
瀬戸尚幸 (Bass)
米窪絵美 (Drums)

中に入るとキャパ80人という小さい会場で、ステージ寄りに簡易的な椅子が20くらい並べてあって、後ろ半分がスタンディングという形式。
すでに椅子は全部埋まってたので後ろの方の壁際で見ました。

時間がちょっと過ぎたところでフラッとメンバー登場。
コンビニの袋を手に現れた町田康はその袋からペットボトルの麦茶を取り出しサックスの野田に渡すというアットホームというかなんとも生活感あふれる感じでライブが始まる。

1曲目はサックスの音かなり効いたたファンキーな曲。
「情熱だけの人生」というフレーズが何度も繰り返されるなぁと思ってたらずばり曲のタイトルでした。

今回、彼の様々な音楽生活を通しても初めて実演を見たんですが、声のパンチ力がすごいですね。
失礼ながらこんなに歌える人だとは思ってなかったです。
昔のCD音源なんかより声が若々しい!

バンドは如何にも手練れといった趣で早々に今日はいい実演になる予感がしました。

ちなみに町田康は基本的に歌詞がプリントされたカンペを見ながら終始歌ってた。
最近だとよくiPadなんかを使ってるパターンが多いけど、紙ってところがまたいいですね。

何枚も重ねたプリントを持って歌う姿は、講演だったり大学の講義風にも見えました。

そして、曲もさることながらおしゃべりも面白い。
最初の一言「こんばんわ」から漂う近所の兄ちゃん感。
歌っているときの眼光鋭さとのギャップがいい。

曲紹介などありつつ、上海に行った時に人間って店があってそこで食べた人間豆腐っていうものが後から字面をみるとビックリしたって話や、雑誌とか新聞で近況なんて語ったりしている人がいるけど「ほとんどが自慢で恥ずかしい」といいつつ、自らは謙遜でもなんでもなく「毎日本を読んでいるだけなので近況はない」とかなんとか。

そうこうしているうちに30分ほどで演奏が終わり、休憩。
休憩があるとは思わなかったけど、これはこれで良し。

15分ほどあって後半戦。

後半も町田節を炸裂させながら進む。
「夕方は好きだけど夜は耐えられない」って話から"ひがくれ哀話"って曲に繋がったりと、音楽としゃべりが連動していく。

途中で、なぜか文章を書くコツ講座。
芥川賞作家によるコツ、まず1つ目は「外来語を使わない」
例えば「ライブ」ではなく「実演」とかいうとグルーヴが生まれるとのこと。
(というわけで本記事は「実演」と書いてみたってわけです。)

その2は、「普通に書く」。
これはたしかに言えるな。
その前に話してた「ポストロックってなんやと楽屋でずっと議論していた。ロックなんて曖昧なもののポストってなんやねん」って話から、「ロックもポストロックが普通になったらロックがポストロックになる」って。
字にするとなんだかかんだかだけど、直観としてはすごくわかりやすいね。

今日思ったんだけど、町田康の音楽自体も聞いてると意外と「普通」なんですよね。
なのに唯一無二感もすごい。

まぁ結局、普通にそういうことができるのが才能って感じもしますが。。

そうそう、勝手な主観だけど、今日演奏された曲のいくつかがユニコーンの『ヒゲとボイン』辺りと通じるものがあるな思った。

後半も盛りだくさんな中、ギターリフのかっこいい"白線の内側に下がってお祈りください"という曲で終了。

一旦下がってアンコール。
まずは告知から。
7月27日と9月1日にライブがあって、9月分の予約は7月20日からって話になり、「7月から9月のことを考えなきゃいけない」と嘆く。
ほんと「ものすごい速さで時が過ぎる」ね。

最初に演奏された"花の飛び"という曲は、起伏のある曲の構成にサックスの音も相まってなんだかキングクリムゾンを聴いているかのよう。

最後は"君が好きだった歌"を歌い上げ終演。

どうやらINUの"つるつるの壺"なんかもよく演ってるってのを小耳に挟んでいたので聴いてみたかったけど、それはまた観に来いってことで。

いやぁ楽しかった。
これは定期的にライブやってる高円寺にもいってみるしかなさそうです。

終演後、町田康の新著「ホサナ」のサイン入り本が売られていたので一緒に行った町田康が好きすぎる妻が迷わず購入。
町田康の新著「ホサナ」

町田康の新著「ホサナ」のサイン入り本

セットリストは6月30日の高円寺公演と同じと町田康が言っていたので調べたらこちらのブログにセトリが載っていたので借用させていただきます。(一部変更しております)

2017.07.05 汝、我が民に非ズ(町田康新プロジェクト)@神楽音 Setlist

01. 情熱だけの人生
02. かくして私の国家は滅んだ
03. 人間のささげもの
04. (不明)
05. 試される愛と意思
06. あいぜんテロル
07. (不明2)
08. 手紙節
---休憩---
09. だから君は今日も神を見る
10. RB
11. ひがくれ哀話
12. リターン
13. 貧民小唄
14. 夏の午後
15. 風の中の君
16. いろちがい
17. つらい思いを抱きしめて
18. 白線の内側に下がってお祈りください
---encore---
19. 花の飛び
20. 君が好きだった歌

神楽音とは

オフィシャルサイトよりかいつまんで説明)
ミュージシャンとして活動しながら、kilk recordsやライブハウス“ヒソミネ”を運営してきた森と、
レコーディングスタジオ“アソルハーモニクス”を運営してきた森が出会い、
ヒソミネの「非ライブハウス空間、ノルマ無し、プロジェクター照明」
アソルハーモニクスの「極限までの音質の追求、アーティストホスピタリティ」
それらを継承し、併せ持ったのが“神楽音”とのこと。

キャパは80人。サウンドシステムは300人クラス。
プロジェクターは6500ルーメン。

ライブアクトを中心とした“神楽音”
クラブアクトを中心とした“KGR(n)”
という2つの顔を持っています


神楽坂の駅、飯田橋寄りの改札からほど近い場所にあり、ビルの1階の奥の方の螺旋階段を降りると入り口。
神楽坂のライブハウス神楽音へ降りる螺旋階段

神楽坂のライブハウス神楽音の入り口

中に入るとバーカウンター。
ドリンクチケットのバッチはこんな感じ。
神楽坂のライブハウス神楽音のドリンクチケットバッチ

お酒は基本、グラスなのでライブを見ながらだとちょっと落として割ってしまいそうなので注意が必要。

ステージの大きさはキャパ80人ってことでメンバーが6人もいたらいっぱいいっぱいって感じでした。
神楽坂のライブハウス神楽音のステージ

音はなかなか良かったです。
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年07月05日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. Arto Lindsay@WWW X (Guest:OGRE YOU ASSHOLE) 感想&セットリスト

Arto Lindsayアート・リンゼイ)の来日公演初日、渋谷のWWW X公演に行ってきました。

アート・リンゼイの来日公演2017、渋谷WWW X公演に行ってきました

今年頭にリリースされた約13年ぶりのオリジナルアルバム『Cuidado Madame』を引っ提げてのジャパンツアーです。
『Cuidado Madame』がめっちゃ良かったのはもちろんのこと、昨年夏にWWWと同じ建物にできたWWW Xに一度行ってみたかったのと、オープニングアクトにOgre You Assholeオウガ・ユー・アスホール)が決まったのでこれは行くっきゃないということで。

初めて入ったWWW XはWWWのような元映画館らしい階段式の会場ではなく、割と普通の会場でした。

まずはオウガ
客電が点いた状態のままさらっと登場したメンバー。
暗転しねっとりと"平均は左右逆の期待"開始。
久々にライブで聴くけど、次の"タニシ"同様、初期の曲も今のバンドのモードにしっかりなっている。

ライブ(特にベテランアーティストの)に行くと過去の曲を原曲と全然違うアレンジとか歌い回しをされてファンから嫌がられるのが常だけど、彼らのライブの場合、原曲から変わっていくことこそが醍醐味って感じ。
むしろ「もっと無茶苦茶にして〜」ってなんだかドMな気持ちにさせられる(笑)
原曲からの飛距離があればあるほど興奮しますね。

この後"頭の体操"、"フラッグ"と気分が乗ってきたところで"見えないルール"をやって30分で終了。
うん、もっと聴きたい。


30分弱のセットチェンジがあり、続いてアート・リンゼイ
来日メンバーは以下。
『Cuidado Madame』のレコーディングメンバーと一緒です。

■ARTO LINDSAY来日メンバー
Arto Lindsay (Vo, G)
Melvin Gibbs (b)
Paul Wilson (keys)
Kassa Overall (dr)
Marivaldo Paim (percussion)

トレードマークとも言える12弦ギターを手に登場。
これだけで気分が上がりますね。

"Deck"から始まったライブは基本的に『Cuidado Madame』の曲で進み、数曲昔の曲をやるって感じでした。
途中で弾き語りならぬ、ほぼアカペラのようなソロパートがあったり。

各メンバーの演奏の素晴らしさと、そこに突然「ノイジー」とか「フリーキー」という言葉が陳腐に聞こえるくらい、なんと形容していいのかわからない凄まじいギターを聴かせるアート。
どこぞの大学教授か小説家かというような風貌で、ともすると「おじいさん」という言葉が浮かびそうなものなのに嬉々としてギターノイズを撒き散らす姿はまるで少年のよう。
バンドメンバーにちょっかいを出したりする場面や「どもどもー」って挨拶をしたりお茶目な一面もみれた。

ジャジーでメロウな感じ、MPBな感じ、そしてギターノイズを多分に含んだサウンドに、そして何言ってもアートの優しさと激しさが同居する歌声が素晴らしかった。
彼が一時期プロデューサーも努めていたカエターノ・ヴェローゾにも通じるところがありますね。

"Grain By Grain"で本編を一旦締めた後、すぐにアンコール。
ここで披露された2曲のかっこよさがハンパなかった。
終盤はドラム&パーカッションだけを残し、自身とその他の2人もステージから捌けさせてバトルさせてたのが最高でした。

再び全員戻って演奏を終え、5人で前に出て挨拶してライブ終了。

以下、セットリストの紙を写真に撮らせてもらったのでどうぞ。

2017.06.23 Arto Lindsay@WWW X Setlist
アート・リンゼイの来日公演2017のセットリスト
01. Deck
02. Tangles
03. Ilha dos Prazeres
04. Vao Queimar Ou Botando Pra Dancar
05. Each To Each
06. Invoke
07. ---Arto Solo---
08. Seu Pai
09. UnPair
10. Illuminated
11. Prize
12. Grain By Grain
---encore---
13. Simply Are
14. Combustivel

・Ogre You Asshole Setlist
01. 平均は左右逆の期待
02. タニシ
03. 頭の体操
04. フラッグ
05. 見えないルール

■ARTO LINDSAY Japan Tour 2017
6月23日(金) 東京・WWW X
6月24日(土) 京都・京都メトロ
6月26日(月) 大阪・梅田SHANGRI-LA

【サイト内関連記事】
Grain By Grain / Arto Lindsay (Cuidado Madame 収録)
ピンホール / OGRE YOU ASSHOLE (ピンホール 収録)
ヘッドライト / OGRE YOU ASSHOLE (フォグランプ 収録)
バランス / OGRE YOU ASSHOLE (浮かれている人 収録)
フラッグ(alternate version) / Ogre You Asshole (confidential 収録)
Ogre You Asshole@渋谷CLUB QUATTRO 感想&セットリスト
ムダがないって素晴らしい / Ogre You Asshole (ペーパークラフト 収録)
ROPE (meditation ver) / OGRE YOU ASSHOLE (workshop 収録)
OGRE YOU ASSHOLE@赤坂BLITZ 感想&セットリスト
なくした / Ogre You Asshole (ハンドルを放す前に 収録)
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年06月23日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. WHY?@O-nest (guest:Ogre You Asshole) 感想&セットリスト

渋谷のTSUTAYA O-nestで行われた『7e.p. presents「 WHY? Japan Tour 2017』に行ってきました。
今日はその最終日(追加公演)。

WHY? japan tour 2017の最終日に行ってきた。ゲストはOgre You Asshole

前にも同じ会場で彼らのライブを見たことがありますが、それが2009年なのでもう8年前ですか。。。
(参考)WHY? 「Japan tour 2009」@渋谷O-nest (chanson sigeru、kuruu crew)

WHY?ホワイ?)と言えば、2000年前後辺りから「先鋭的なヒップホップを聴きたければここを聴け」的な感じで私もよく漁っていたレーベル、アリさんマークのanticon.を代表するアーティスト(元々Yoni Wolfのソロ、2004年からバンド)ですが、今年出た一番新しいアルバム『Moh Lhean』はJoyful Noise Recordingsっていうインディーロック系のところから出てるんですね。
音的にはこっちのほうがしっくりくるのかも。



というわけでライブ。

今回の来日公演には、各公演ゲストがいますが、本日はOgre You Assholeオウガ・ユー・アスホール)。
実は今回WHY?が来日することを一昨日オウガのライブスケジュールで知って急いでチケットを買ったっていう経緯があったり。
(一昨日の時点でチケットの整理番号が20番代で客入りが心配でしたがいっぱい入って良かった)

オウガもそこまで多くはライブは見れてませんが、少なくとも1年に1回くらいは見ないとそのサウンドの変化についていけなくなります。
スタジオアルバムを聴いてるだけではどんどん置いていかれる。
そして、今日また最高を更新してしまうようなすごいライブだった。

序盤の"真ん中で"や"なくした"こそ以前のを踏襲していた気がするけど、初期の曲"タニシ"以降またもアップデートされた演奏に終始ヤラレまくり。

終盤の"素敵な予感"、"見えないルール"の圧巻のサウンドは正直日本のバンドではもう誰もついてこれない領域に向かってる感じがします。

そこから一転、メロウに振れた"夜の船"でオウガ終了。

セットチェンジがあってWHY?
楽器がセットされていくだけでワクワクしますね。

Yoni Wolf以外のメンバーはこんな感じだと思います。
サンプリングパッドが組み込まれたドラムを操るヨニの兄・Josiah Wolfに、キーボードにシンセにギター、ベース、コーラスなどなんでもござれのDoug McDiarmidとMatt Meldonといった編成。

ヨニはステージの一番右側でシンセとサンプリングパッドを操りながら歌う。
4人が向かい合うように並んでるのがいいね。

『Moh Lhean』の曲を中心に新旧織り交ぜながら進む。
前回見たときもそうだったけど、ドラムが本当に最高だし、ヨニもパーカッションを鳴らすので気持ちよすぎ。
オウガの勝浦のドラムが好きなので、今日はなんて最高な日なんだという感じ。

そして、パーカッシヴな曲が当然良い上に、キーボード主体で歌う曲ではヨニの優しい歌声が最高というなんともかんとも。

それにしても曲はいろんな要素が入っていて複雑だったりするのにコンパクトにまとまってポップに聴かせてしまうこのバンドアンサンブルはすごいね。

ヨニが中央に出てきてベースを弾いた"The Vowels Pt. 2"なんてのも最高だったんだけど、最終的には歌にフォーカスが当たっていき、ラストはアルバムでも最後を飾る"The Barely Blur"で感動的にシメ。

余韻に浸りつつもアンコールを待つ。
スタッフが出てきて中央にスタンドマイクを立てる。

WHY?来日公演2017のアンコールはアコースティックセットでした
再びステージに出てきたメンバー4人がそのマイクを囲み、アコースティックセットで3曲。
スピーカー越しだけでなく地声まで聞こえてくるような親密な雰囲気。
最後の"The Hollows"なんて本当もう最高すぎた。

ライブが終わり、物販エリアにヨニがいたので「今日最高でした」的な思いを片言の英語で伝え、握手してもらって帰りました。

以下、セットリスト。

2017.05.19 WHY?@O-nest Setlist

01. Easy
02. This Ole King
03.
04. Proactive Evolution
05. These Few Presidents
06. These Hands
07. Strawberries
08. Gemini (Birthday Song)
09. January February March
10. Song Of The Sad Assassin / Gnashville
11. The Vowels Pt. 2
12. White English
13. The Longing Is All
14.
15. The Water
16. The Barely Blur
---encore---
17. The Hoofs (Acoustic)
18. Yo Yo Bye Bye (Acoustic)
19. The Hollows (Acoustic)

・OGRE YOU ASSHOLE setlist
01. 真ん中で
02. なくした
03. タニシ
04. 頭の体操
05. かんたんな自由
06. ムダがないって素晴らしい
07. 素敵な予感
08. 見えないルール
09. 夜の船

■7e.p. presents「 WHY? Japan Tour 2017 日程
・5月15日(月)東京・LIVE HOUSE FEVER
 guest:Dustin Wong & 嶺川貴子
・5月16日(火)京都・UrBANGUILD
 guest:オオルタイチ
・5月17日(水)名古屋・TOKUZO - 得三 -
 guest:HEI Tanaka
・5月18日(木)松本・ALECX
 guest:Ogre You Asshole
・5月19日(金)東京・O-nest
 guest:Ogre You Asshole

【サイト内関連記事】
WHY? 「Japan tour 2009」@渋谷O-nest (chanson sigeru、kuruu crew)
Ogre You Asshole@渋谷CLUB QUATTRO 感想&セットリスト
OGRE YOU ASSHOLE@赤坂BLITZ 感想&セットリスト
Simulated Snow / Sixtoo (ANTICON Presents : music for the advancement of Hip Hop 収録)
カイコーブギー!!@Shibuya O-EAST (doseone、Bitch Magnet、降神、NINGEN OK)
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年05月19日(金)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails