<< フジロック08 初日 備忘録 home Fuji Rock Festival 08 日記 7/25(金) 初日 part3 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '08
  3. Fuji Rock Festival 08 日記 7/25(金) 初日 part2 #フジロック

Fuji Rock Festival 08 日記 7/25(金) 初日 part1より続く

原田郁子にバッチリ癒された後はさらに癒されるべく川へ。
私がフジロックに過去全てサンダル(去年からクロックス)で参戦してるのは、川で遊びたいからと言っても過言ではありません。

毎年のように超冷たい!
そして気持ちい!(ずっと浸かってるとだんだん痛くなってきますが・・・)

川を後にし、ホワイト〜グリーン間の坂道でCHIKI(チキ)というワハハ本舗のパフォーマーをみる。
水晶のような球(しかも複数)を指で操るというもの。
気持ち悪い(褒め言葉)けどすごかった。
ちなみにノーギャラらしいので100円上げました。


グリーンを通過し、レッドから聞こえるThe Rascalsを聴きつつオアシスでソーキそばを購入し、GREEN STAGEのくるりへ。

結構久しぶりのくるり
フジロックの思い出を語っていた前回同様に今回もメインステージ。
そして堂々たるパフォーマンス。
前半で"ワンダーフォーゲル"やっちゃうし、その流れで"虹"が聴けたのもよかった。
岸田自らキーボードにすわり弾き語った"アマデウス"に続き、"ロックンロール"の抜けるようなサウンドが。
気持ちいい!!
"みんなTASPO持ってきてる?タスポ持ってなくて煙草がかえへんねん。
見かけたらタバコを一本ずつください。"という岸田のゆるいMCもありつつ。
最後は"東京"〜"ばらの花"という反則的な流れで終了。
"東京"は、いつどんなシチュエーションで聞いても名曲なのです!



次はRED MARQUEEにてSPOON
最新作『GA GA GA GA GA』でブレイクを果たしたアメリカのバンドですね。
結構ベテラン。
アメリカのバンドはやっぱ演奏上手いわ。

そんなスプーンを途中で切り上げ、GREEN STAGEへ。

もちろん、TRAVIS
昨年サマソニで観たけど室内だったので、ぜひ野外で観たかった。
そして、野外で聴くフランの歌声は最高すぎた。
最初は座って聴いてたけど、だんだんいてもたってもいられなくなって立って聴いた。
そして、こころのどっかで期待してたけど、やはり雨が降ってきた。
曲を途中でやめ、そしてあの名曲。
"Why Does It Always Rain on Me?"、何故いつも僕に雨が降るの?
全員ジャンプ!
全てが最高でした。


幸せな気分のままRED MARQUEEに移動。
途中、チキンナゲットを買って食いながら。

レッドではGOSSIPが演奏中。
中はかなりの熱気。
そこではベス・ディトー嬢が巨体揺らしまくってた。
大迫力。
何故か、途中NIRVANAの"Smells Like Teen Spirit"をアカペラで。
後半マドンナ"Like A Virgin"も歌ってましたね。


熱気溢れるレッドを後にし、グリーンへ。
次はBLOC PARTY。
ここでEGO WRAPPIN'を見にいくという、会社の同期とお別れ。

以下、Part3へ続く。

【サイト内関連記事】
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07

ハイウェイ(Alternative) / くるり (ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
The Beautiful Occupation / TRAVIS (12 Memories 収録)
Listen Up! / The Gossip (Standing in the Way of Control 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '08 ・ comments(0) K 
2008年07月25日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails