<< What Sarah Said / Death Cab For Cutie (Plans 収録) home L.E.S Artistes / Santigold (Santigold 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. Eyes Wide Terrified / Johnny Foreigner (Waited Up til It Was Light 収録)

 Best Before Recordsが送り出す、バーミンガム出身の3ピースバンド、Johnny Foreignerジョニー・フォリナー)のデビューアルバム『Waited Up til It Was Light』収録曲"Eyes Wide Terrified"。

・Johnny Foreigner - Eyes Wide Terrified [Official Music Video]


 元気いっぱいで、疾走感があるのに、どこか切ない。激しいのにメロディアス。静と動の対比が、メンバーが影響を口にするPIXIESに通じますね。女性ベーシスト、ケリー・ザウザンのコーラスがまたポップさを倍増させています。そこもピクシーズの影響?

 ちなみにバンド名の由来は、ギター&ボーカルのアレクセイ・ベロウのおじいさんが住んでいる地域は外国人労働者が多く、その地域の英国人たちが彼らのことを「Johnny Foreigner」と呼んでいることからきているそうです。イギリスのバンドなのにどこかアメリカのオルタナティヴ・ロックの影響を感じさせる彼らのサウンドにぴったりかもしれません。

 そんな彼らはSUMMER SONIC 08の東京のみ初日のISLANDステージに出演予定。豪華なメンツの今年のサマソニの中では目立たないかも知れないけど、観たら絶対に楽しいと思います!
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0) K 
2008年08月05日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT