<< 『Xfm』が選ぶ2000年代のベストソングTOP100 home the telephones 「SUPER DISCO Hits 2 !!!」@ディファ有明 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. Uprising / Muse (THE RESISTANCE 収録)

 UK出身の3人組、MUSEミューズ)の通算5作目となるアルバム『THE RESISTANCE』(全英1位、全米3位、世界19ヶ国で1位)からの1stシングル"UPRISING"(邦題は"叛乱")。UKシングルチャートで9位のほか、Billboard Hot 100で37位を記録。アルバムのプロデュースはMark Stentマーク・ステント)。

 全編にわたって通奏低音となる重たいベースのリフに導かれる楽曲で、そこに絡むシンセの哀愁のあるメロディ、そして間奏にかけて爆発するギターとミューズ節爆発。間奏に入る掛け声のとことかライヴで盛り上がりそうですね。Matthew Bellamyマシュー・ベラミー)の歌は相変わらずドラマチック。「革命を起こすんだ!」というこれからの物語を予感させる歌詞とあわせて、アルバムの1曲目、リードトラックとしてもってこいの楽曲ですね。

 ちなみにこの『THE RESISTANCE』の物語とは、ジョージ・オーウェルによる小説『1984』をモチーフにしたもので、ウィンストンとジュリアという2人を主人公として極限状態下でのラヴ・ストーリー、革命、そこからの脱世界を描いています。今年は村上春樹の『1Q84』なんて大ヒット小説なども生まれましたが、このジョージ・オーウェルの作品はこれまで本当に多くのミュージシャンを刺激し、題材に取り上げられてきてるので、ぜひ一度読んでみたいと思っているんですが。

 アルバムで"UPRISING"以外のオススメは、Led Zeppelinの"Kashmir"張りのスケールで鳴らされるサウンドにQUEENを髣髴とさせるコーラスが乗る、そしてさらにアウトロでショパンの"ノクターン"に繋がるという"UNITED STATES OF EURASIA"ですかね。他にもイントロから激しいギターが炸裂する"I BELONG TO YOU"とかもオススメ。

 そして、アルバムで一番耳を引くのは『エクソジェネシス』と題された組曲形式の最後の3曲。クラシカルなロックというより、もはやクラシックですね。。ついにここまでキタかって感じです。アルバム全体のコンセプトを完結させるためにはこのパートは絶対に必要だったのでしょう。個人的な今作の楽しみ方としては、アルバムを通して聴くときは最初から最後まで、曲単位で聴くときは、1〜9曲目までをランダム再生って感じです。

 それにしても作品を重ねるごとにサウンドを革新させていくのはすごいですね。デビュー当時の(『The Bends』期の)RADIOHEADフォロワー的な扱いを受けてた頃からの飛躍を考えると特に。このドラマチックなサウンドと、ライブパフォーマンスを考えると、マシューは次のトム・ヨークにはならなかった(なれなかったんじゃないよ)けど、あのマイケル・ジャクソンが嫉妬するほど憧れたフレディー・マーキュリーのような存在になれるのは彼しかいないんじゃないかと個人的には思います。

 2010年年明け早々には来日公演も決定しています。イギリスではグラストンベリーとレディング/リーズの2大フェスティヴァルでもトリを飾り、リニューアルされたウェンブリー・スタジアム2DAYSを即完させ18万人も集め、No.1ライブバンドといわれる彼らにとってはもはや武道館でも狭すぎるかも。フジロックとかサマソニのステージも見事だったし。それを考えると前回の来日のスタジオ・コーストとか今考えるとすごいな・・・。どんなライブになるんでしょうか。参考までに昨日のフランスでのライブのセットリストを最下部に載せておきます。

●ミューズ 『ザ・レジスタンス』収録曲
1. UPRISING (叛乱)
2. RESISTANCE (愛の抗戦)
3. UNDISCLOSED DESIRES (禁じられた欲望)
4. UNITED STATES OF EURASIA (+COLLATERAL DAMAGE) (ユーラシア合衆国)
5. GUIDING LIGHT (導く光)
6. UNNATURAL SELECTION (人為的淘汰)
7. MK ULTRA
8. I BELONG TO YOU (+MON COEUR S'OUVRE A TA VOIX) (あなたの声に私の心は開く)
9. EXOGENESIS:SYMPHONY PART (OVERTURE) (脱出創世記): 交響曲第1部(序曲)
10. EXOGENESIS:SYMPHONY PART (CROSS POLLINATION) (脱出創世記): 交響曲第2部(他家受精)
11. EXOGENESIS:SYMPHONY PART (REDEMPTION) (脱出創世記): 交響曲第3部(あがない)

●MUSE JAPAN TOUR 2010
・2010年1月9日(土) 大阪 大阪城ホール
・2010年1月11日(月・祝) 名古屋 愛知県体育館
・2010年1月12日(火) 東京 日本武道館

【サイト内関連記事】
Sunburn / Muse (SHOWBIZ 収録)
Supermassive Black Hole / Muse (Black Holes And Revelations 収録)
Starlight / Muse (Black Holes and Revelations 収録)
Knights Of Cydonia / Muse (Black Holes And Revelations 収録)
The Gallery / Muse (Hullabaloo Soundtrack 収録)
Dead Star / Muse (Hullabaloo Soundtrack 収録)
Muse@新木場STUDIO COAST 感想&セットリスト
Muse@さいたまスーパーアリーナ
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(2)  
2009年12月03日(木)

COMMENT
K    (2010.05.17 Mon 22:56)
>かなたさん
あれ、すみません、勘違いしてました。。
かなた    (2010.04.02 Fri 17:16)
"イントロから激しいギターが炸裂する"曲は恐らくIBelongToYouじゃなくてMkUltraだと思います。
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails