<< 第52回グラミー賞授賞ノミネート発表 home After Image feat. 原田郁子 / toe (For Long Tomorrow 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. BRITISH ANTHEMS vol.8@新木場STUDIO COAST(The Vaselines、Patrick Wolf、Johnny Foreigner、Bombay Bicycle Club 他) 感想&セットリスト

英国音楽の祭典、BRITISH ANTHEMS(ブリティッシュ・アンセムズ)に行ってまいりました。
場所は新木場のSTUDIO COAST。

第1回目から年2回くらいのペースでスタジオコーストで開催されていて、今回で第8回目。
私は2006年1月の1回目(メインはSupergrass)と2007年の4回目(メインはThe Enemy)以来3回目の参戦です。

今回の出演者は以下。

・メインステージ
The Vaselines / Patrick Wolf / Johnny Foreigner / Bombay Bicycle Club
The Telephones / James Yuill / Two Door Cinema Club / The Answerring Machine

・BRITISH PAVILION presents "TEQUILA 69"(セカンドステージ)
Quattro / Psysalia Psysalis Psyche / The Brixton Academy / Pills Empire
Plasticzooms / The John's Guerrilla / The Cigavettes / The New House / Buffalo'3

英国勢中心の室内のメインステージと、日本勢中心の屋外のセカンドステージという感じ。

今回のヘッドライナーは今年のサマソニでも来日をしてくれていたグラスゴーの至宝ヴァセリンズ

って、思いっきりスコットランドやん…
スコットランド人はブリティッシュに組み込まれることを嫌うって言うしって思ってたら・・・案の定、ライブ中にフランシスが「We're Scottish」って言ってました。
さすが!

そんなこんなありつつ、以下簡単に感想。

ちなみに途中から行ったので最初のBuffalo'3とThe New Houseは観れませんでした。残念。

てか、着いた時点でセカンドステージのタイムスケジュールがずれまくってて、よくわかんなくなってた。
最初に文句書いとくと、あれはひどすぎ。

遅れてるなら遅れてるなりのアナウンスをするべきだし、修正するように努力するべき。
後、バンドの呼び込みの際の「盛り上がってんの?」っていう煽り、あれも時間の超無駄。
正常に進んでる時ならまだしも…


そんな不満もありつつ、The Answerring Machineジ・アンサリング・マシーン)の終わりのほうだけを観る。
なかなかポップな感じ。


いったん外に出てThe Cigavettesをちょっと見て、中に戻りTwo Door Cinema Clubツー・ドア・シネマ・クラブ)。
なんでもフランスのダンス系のレーベル、キツネに所属らしいです。
北アイルランド出身でKITSUNEってことでどんな音を鳴らすんだろうと思ったら、意外とストレートなロックでした。


またまたThe John's Guerrillaを外でチラ見して、戻ってJames Yuillジェームス・ユール)。
アコースティックギターとサンプラーを駆使して紡ぐ音像はいわゆるフォークトロニカ。
でも、中盤から結構ダンス寄りのサウンドへ。
想像以上に踊れる感じでかなり良かった。いい発見。


外でPlasticzooms。
なんかネットで調べると凄そうなバンドでしたが、個人的には超イマイチ。
1,2曲しか聞いてないのであまり言えませんが…
やたらと会場でカジヒデキを見かけるなぁと思ったら、このバンドとかなり関係が深いようです。


次は、メインステージ唯一の日本勢。the telephones
つい2日前にディファ有明でワンマンを観たばかりなのですが、今日は持ち時間が短い分、セットリストもかなり濃縮した感じになっててなかなか良かった。
Vo.石毛の「埼玉県の北浦和っていう、UKで言うとマンチェスターみたいなとこから来ました」的なMCがツボでした。
北浦和がマンチェなら、キーボードのノブはさしずめベズですね。


Pills Empireを外でチラ見し、要注目バンドBombay Bicycle Clubボンベイ・バイシクル・クラブ)。
全員むちゃくちゃ若いらしいです。
事前にYouTubeで何曲か聴いてて、結構牧歌的な音楽だなぁって思ってたんですが、ライブではもっとアグレッシブな音を聞かせていました。
魅力をつかむためにもっとたくさん曲を聴いてみたいと思った。


セカンドステージは押しに押しまくっていたのでそのままJohnny Foreignerジョニー・フォリナー)。
今回のお目当ての1つ。
3ピースでオルタナな音を聞かせてくれる彼ら。
アレクセイとケリーによる男女2人の掛け合いが聴いてて気持ちいい。
後、ドラムのジュニアがかなりイカしてた。


JF終わりで外に出たらThe Brixton Academyがまだやってた。
なかなか良かったので、ちょっとしか見れなかったのが残念。
これもタイムテーブル通りに進んでいれば…

で、先に書いておくと次のPsysalia Psysalis Psycheが全然見れなくて最悪だった。
セカンドステージでは今回一番見たかったバンドなのに…


気を取り直して、メインでPatrick Wolfパトリック・ウルフ)。
どんなライブになるのか想像もつかなかったのでかなり楽しみに。
で、ライブ。超楽しかった。
パト様(←某女性客が言ってた)は顔も超イケメンってわけでもなく、体系はどちらかというともっさりした感じだったんだけど、そんな次元を超越した存在感をギンギンに出してた。
マントで全身覆って登場しマントを脱ぐとユニオンジャックをあしらった衣装に変なかぶり物といういで立ち。
そんな恰好で、バイオリンやらキーボードやらギターやら操り、途中衣装チェンジまであったりして、終始エンターテインしまくり。
若干際物くさいけど、歌がむちゃくちゃうまかったし、音楽ありきな点が良かったです。


そんなパト様終わりで外に出てセカンドステージのトリのQuattro。
今年の春のoasisのジャパンツアーでの前座でのステージも観たんですが、相変わらずカッコ良かった。
今回はかなり近くで見れたので、こんな顔だったのかって思ったけど…
バンドの元ドラムが客にいたらしく、「元ドラマー!」ってステージ上から声掛けてたのがウケた。


さてさて、そんなブリティッシュ・アンセムズもいよいよトリ。
The Vaselinesザ・ヴァセリンズ)です。
Summer Sonicでのステージは感涙ものでしたが、今回は2度目なので「あの伝説の!」っていう感じではなく冷静に見れた。
ユージンとフランシスに加え、ギター・ベース・ドラムの3人をサポートに5人編成。
サマソニ同様に"Son of A Gun"で始まり全てがエヴァーグリーンなキラメキを持つ曲ばかり。
フランシスはMCしまくり。
なんとニューアルバムのレコーディングなんかもしちゃってるらしい。
グラスゴーの伝説はもはや現役バリバリ。
音もポップで時にノイジー、激しいのに穏やかだったり表情豊か。
アンコールでやった"You Think You're a Man"とか超カッコ良かったです。


今回思ったのは、セカンドステージの出演者が微妙…というかあれPAが悪すぎ?
もっとちゃんとした音が出てたら違って聞こえたのかも。
あれ出演者にもかなり酷だなぁ。
ただでさえアウェイなのに。

で、メインステージはどれも良かった。
ヴァセリンズの時に、アホな酔っぱらいがアホなことをしでかしましたが、それ以外は最高。
BAって、トリは正直派手さはないけど、どれも良質なバンドだし、まだデビュー間もない(もしくはデビュー前の)バンドを一気に観れるので、かなりいいと思います。
さすがに新人バンドの単独とか観に行って、30分とかで終わられるとキツイからね。

次回のラインナップも期待です。

以下、セットリスト

2009.12.06 BRITISH ANTHEMS@新木場STUDIO COAST

・The Vaselines Setlist
01. Son Of A Gun
02. The Day I Was A Horse
03. Molly's Lips
04. Oliver Twisted
05. Slushy
06. Jesus Wants For A Sunbeam
07. Lovecraft
08. 新曲
09. Monsterpussy
10. Let's Get Ugly
11. No Hope
12. Teenage Superstars
13. Bitch
14. 新曲
15. Sex Sux
16. Dying For It
---encore---[
17. Rory Rides Me Raw
18. You Think You're Man
19. Dum Dum

【サイト内関連記事】
Eyes Wide Terrified / Johnny Foreigner (Waited Up til It Was Light 収録)
urban disco / the telephones (We are the Handclaps E.P. 収録)
the telephones SUPER DISCO Hits 2 !!!@ディファ有明

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(2) K 
2009年12月06日(日)

COMMENT
K    (2010.01.06 Wed 00:46)
>アゲハ亭亭主さん
こんにちわ。
ライブ会場でバッタリ会ってビックリでした。
セットリストに関しては、大体の記憶はありますが、結局ネットとかで他にレポを載せている方との情報をあわせてって感じなので、結構他力本願です。。。
アゲハ亭亭主    (2009.12.12 Sat 14:49)
こんにちは。

昨日は、「葉山 アゲハ亭」にお立ち寄りいただきありがとうございました。

Kさんのブログには、いつも感心することばかりなのですが、セットリストを記録とか記憶するコツってあるんですか?
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails