<< 「CHAMPION ROAD Vol.1」 OGRE YOU ASSHOLE vs DEERHOOF@恵比寿LIQUIDROOM 感想&セットリスト home BOB DYLAN Japan Tour 2010 演奏曲集 後半 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2010)
  3. BOB DYLAN@Zepp Tokyo 「Japan Tour 2010 東京追加公演」 感想&セットリスト

BOB DYLANボブ・ディラン)の奇跡のライブハウスツアーもついに大詰め。
29日の最終公演の1つ前の東京追加公演を観に、23日に続いてZepp Tokyoへ行ってまいりました。

(参考)
BOB DYLAN Japan Tour 2010 演奏曲集(大阪・名古屋 7公演分)
BOB DYLAN@Zepp Tokyo Japan Tour 2010 東京2日目 感想&セットリスト

今日もメンバーは同様です。
・BOB DYLAN
・TONY GARNIER (bass)
・DON HERRON (steel guitar / mandolin / violin / trumpet)
・STUART KIMBALL (guitar)
・GEORGE RECILE (drums / percussion)
・CHARLIE SEXTON (guitar)


今回はステージに向かって左端の前から3列目くらいで観てきた。

開演時間を回った頃、スタッフが出てきてなにやら床とか机の上に貼ってあるセットリストに手を加えてましたね。
直前に何か変更があったのでしょうか。

てか、先に書いちゃうと、今日は"Gonna Change My Way Of Thinking"、"Love Minus Zero/No Limit"、"Simple Twist Of Fate"、"Nettie Moore"、"Workingman's Blues #2"の5曲も今来日で初披露しました。
追加公演だからでしょうか?


というわけで、ライブ。

まず一言、23日の公演の数倍良かった。
まじ最高。


17:10頃、暗転しメンバーが登場し、ワンテンポ置いてディランが登場。
ここで一気に客が前に詰まったので、私もそれに乗じて前へ。
23日に見たときは、登場しても全然周りの人が動かなかったんだけど、今日の客はなかなかアグレッシブ。

ディランの今日の衣装は、ジャケットの襟と袖、パンツのサイドのストライプが銀色で、中のシャツは白って感じ。

1曲目は、『Slow Train Coming』から"Gonna Change My Way Of Thinking"。
いきなり今ツアー初披露曲です。
(ま、そんなことは後から知ったんですが・・・)


で、今日のライブですが、先ほど客がアグレッシブとか書きましたが、それ以上にバンドの演奏、ディラン本人の歌もアグレッシブで、23日もかなり良かったのに、それ以上。

3曲目の"I'll Be Your Baby Tonight"で早速ディラン本人のギターが登場。
ギターソロを弾きながら時折見せる笑顔からディラン本人もノッてる雰囲気が伝わってきました。


そんなノリにノッた今日のライブでしたが、これまた本日初登場の"Workingman's Blues #2"が終わってからのライブ後半の演奏は1曲終わるごとにすさまじい勢いでよりアグレッシブに、よりヘヴィになっていきました。

"Highway 61 Revisited"の後半部分とか特に圧巻だったな。
ディランのキーボードが無茶苦茶かっこいいんだ。

さらにそんな"追憶のハイウェイ61"から"Nettie Moore"の泣きのメロディに繋がる流れは反則過ぎた。
軽く泣きそうになった。

次の"Thunder On The Mountain"も含めてもっとちゃんと『Modern Times』を聴かなきゃと思った。

そして、今ツアーのハイライトといえば本編ラストの"Ballad Of A Thin Man"。
23日に見たときもかなり感動したのに、今日はそれを軽く越えてた。
何?このヘヴィさ。
60代も後半の言ってしまえばお爺さんがこんなライブをやってのけるんだよ。
全ミュージシャンはディランのライブを一度観なきゃダメだね。
たとえ何年も前に観たとしても、今現在のライブを観ないと。


"やせっぽちのバラッド"で本編を締めた後は、当然アンコール。
ここで恒例のようにバックに今ツアーのトレードークかなんかになってる模様の垂れ幕が落ちてきて、程なくしてメンバー再登場。

こちらも定番となった"Like A Rolling Stone"から始まる。
で、先ほどから今日はすごかったと言ってきましたが、この曲はすごいという言葉を超越してた。
もはや神懸ってると言っても過言ではないくらい。

実は、23日に見たときは正直ビミョ〜な演奏で、ディランの歌い方もあんなんだし、若干ガッカリしたんですが、今日はもう大満足。
なんというか最初のドラムの1音で最高のものになると予感できた。
これだよこれ、私が観たかった(聴きたかった)のは。

若干歌詞を間違えたとかあったみたいですが、そんなの全然気にならず。
ディランも笑顔を見せて楽しそうだったし。
(歌詞を間違ったから笑った説有)


というわけで、"Like A Rolling Stone"ですっかりノックアウトされてしまったので、残りの2曲は私にとってほぼオマケ状態。
"Blowin' In The Wind"が初めて聴けたのはもちろん嬉しかったですが、若干それも上の空でした。
ちなみに"風に吹かれて"は、思ったより原曲の面影を残してて良かった。
ま、それでも全然違う曲と言ってもいいくらいでしたが・・・


そんな感じで夢にまで見た最高のひと時はあっという間に終了。
2時間も経ったとは感じられないくらい。

今回も最後に電気がつくと、メンバーが並んで立っていて、ディランが客席を見つめて終了。
で、なんと今回はディランがお辞儀までしました!!
お辞儀一つでネットで話題になるディランってステキ!

しかも、客席を何度か指差したりして、客を讃えるようなこともしてました。
(なんかマフィアのドンみたいなイメージだったな)

客の熱気も、バンドの演奏の熱気も素晴らしい最高のライブでした。


全14公演に及んだ今回の来日公演も残すは、明日の1公演のみ。
私はそのうち2公演観ることができて、他公演でやった曲の中でも聴きかったけど聴けなかった曲もいくつもあるし、たぶん明日の最終公演でもさらに新しく曲を追加してくると思うけど、
伝説上のミュージシャンではなく、現役のロックミュージシャン、ボブ・ディランを観ることができただけで幸せでした。

神様、最後といわず、また日本に来てね。

以下、セットリスト。

2010.03.28 Bob Dylan@Zepp Tokyo Setlist

01. Gonna Change My Way Of Thinking(ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング)
02. Love Minus Zero/No Limit(ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット)
03. I'll Be Your Baby Tonight(アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト)
04. Simple Twist Of Fate(運命のひとひねり)
05. Tweedle Dee & Tweedle Dum(トゥイードル・ディー&トゥイードル・ダム)
06. Shelter From The Storm(嵐からの隠れ場所)
07. Summer Days(サマー・デイズ)
08. Workingman's Blues #2(ワーキングマンズ・ブルース #2)
09. High Water (For Charley Patton)(ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パットン))
10. Tryin' To Get To Heaven(トライン・トゥ・ゲット・トゥ・ヘヴン)
11. Highway 61 Revisited(追憶のハイウェイ61)
12. Nettie Moore(ネティ・ムーア)
13. Thunder On The Mountain(サンダー・オン・ザ・マウンテン)
14. Ballad Of A Thin Man(やせっぽちのバラッド)
---encore---
15. Like A Rolling Stone(ライク・ア・ローリング・ストーン)
16. Jolene(ジョリーン)
17. Blowin' In The Wind(風に吹かれて)

・収録アルバム
01 - 『Slow Train Coming』(スロー・トレイン・カミング)
02 - 『Bringing It All Back Home』(ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム)
03 - 『Bob Dylan's Greatest Hits Vol. II』(グレーテスト・ヒット第2集)
04,06 - 『Blood on the Tracks』(血の轍)
05,07,09 - 『Love and Theft』(ラヴ・アンド・セフト)
08,12,13 - 『Modern Times』(モダン・タイムズ)
10 - 『Time Out of Mind』(タイム・アウト・オブ・マインド)
11,14,15 - 『Highway 61 Revisited』(追憶のハイウェイ61)
16 - 『Together Through Life』(トゥゲザー・スルー・ライフ)
17 - 『The Freewheelin' Bob Dylan』(フリーホイーリン・ボブ・ディラン)

●BOB DYLAN JAPAN TOUR 2010 スケジュール
・大阪追加公演 3/11 Zepp Osaka
・大阪公演 3/12,13,15,16 Zepp Tokyo
・名古屋公演 3/18,19 Zepp Nagoya
・東京公演 3/21,23,24,25,26,29 Zepp Tokyo
・東京追加公演 3/28 Zepp Tokyo

【サイト内関連記事】
MASTERS OF WAR / BOB DYLAN (THE FREEWHEELIN' 収録)
ボブ・ディラン自伝 Bob Dylan:Chronicles, Vol. 1
I'm Not There / Bob Dylan with The Band (I'M NOT THERE ORIGINAL SOUNDTRACK 収録)
HURRICANE / BOB DYLAN (DESIRE 収録)
SARA / BOB DYLAN (DESIRE 収録)
Beyond Here Lies Nothin / BOB DYLAN (TOGETHER THROUGH LIFE 収録)
Bob Dylan 「JAPAN TOUR 2016」セットリスト一覧まとめ
Bob Dylan@Bumkamuraオーチャードホール 感想&セットリスト


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2010) ・ comments(0)  
2010年03月28日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails