<< フジロック2010 備忘録 3日目 home Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part3 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '10
  3. Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part2

Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part1より続く。

YEASAYER終わりでRed Marqueeから出て、友人に電話し、ドラゴンドラに乗ることに。

フジロックに通い始めて11年目にして初のドラゴンドラ。
一度は乗ってみたいなぁとは思ってたけど、これまでなかなかタイミングが合わなくて、念願のって感じ。

ちなみにドラゴンドラとはフジロックの会場である苗場スキー場とかぐらスキー場の田代エリアを結ぶ世界最長5481mにも及ぶゴンドラのことで、名付け親はあのユーミンだそうです。


とりあえず友人が来る前に乗車チケット(料金はフジロックとは別料金で往復1,200円)を買っておいて、合流後乗り場へ。
と、歩き出すと、意外と売り場〜乗り場への道が遠い&急な上り坂で軽く萎えるも、乗り場に着き実際のドラゴンドラの動きを見た瞬間・・・

うわっ、早っ、怖っ・・・と。

恐る恐るゴンドラに乗り込み、いざ出発。

ちなみに中は進行方向側に4人、反対方向に4人と背中合わせになる形の8人乗り。
私達は進行方向とは反対向きの席でした。

で、出発すると、案の定、早い。
そして高い。
高いのも早いのもダメな私(ジェットコースターなんてもってのほか)には軽く地獄。。

特にケーブルを支える支柱のところで急激なアップダウンありそこが怖いのなんのって。

そういうわけで、乗り合わせた全員でワーキャー言いながら進み、途中でだんだん慣れて景色も楽しめるようになり(ステージが遠く小さく見える光景とか、途中ダムがあったりとか、熊の彫刻があったりとか)、すれ違うゴンドラの人たちと手を振りあったりしながら20分強でやっと頂上へ到着。
(結局なんだかんだで楽しかったです)

ゴンドラから降りると、そこには着ぐるみの動物たちの待つ別世界が広がっていました。

というわけで早速、Tigersのシャツを着たトラとスリーショットで記念撮影。


ゴンドラに乗ってる時点でかなりテンション上ってるのに、その先がこんな感じになってて夢心地。
まさにDAY DREAMING・・・


ちなみにCREATIVEMANの社長の清水さんが居たりして、テンションの上がったうちらは
「フジロックとサマソニのコラボレーションやぁ」
なんてちょい古い彦丸風なセリフを口走ったり・・・
「今年のサマソニのラインナップのひどさを訴えよう」
とかいう話をしたり・・・


そんなこんなでテンション上がったままふらふらしてたら、係の人らしき人が、
「これからパンダのライブがはじまりまーす」
って言いながら歩いてた。

なんだかよくわからないけど、人が集まってる(と言ってもそんなに人数はいないけど・・・)ところで待ってたらほんとにパンダ(もちろん着ぐるみ。でも手は人間の手がむき出し)が登場!
しかも、ギター持ってる!!


そして、ほんとにパンダのライブが始まった!
マイクなし、アコギで弾き語り。
歌声はキヨシローに通じるハイトーンなハスキーヴォイスで。

自己紹介ソングで、ギターパンダの名前が山川ノリオということが発覚。
歌声に合わせて手拍子とか踊ったりするもう1頭のパンダ(森パンダ子って名前らしい)がカワイイ。

で、ライブは続き、着ぐるみ着たままペットボトルで水を飲む衝撃映像があったりした後、なんと着ぐるみを脱ぎたして、中からおっさん登場。
中の人物の名前はカルピス・プレスリーと言うらしい。。。
そして、そんなカルピスはひどい歌(下ネタソング)を歌ったり・・・


さらにライブは進み、ギターパンダだけでなく、怪しい3人組も登場して、怪しい歌を歌ったりと、ドラゴンドラで行った先はおもいっきり非日常の世界が広がっていました。
(ただでさえフジロックは非日常なのに、それに輪をかけて非日常・・・)


ドラゴンドラマジックにかかって、もう完璧おかしなテンションになったところで下界に戻ることに。
往きとは逆に帰りは乗車の長い行列にならんで、ドラゴンドラに乗車。

乗り合わせた人たちもやはりドラゴンドラマジックにかかってた様で会話の内容がイッっちゃってました。。。


またまたワーキャー言いながら20分ほど乗車してやっと下界到着。


予想以上にドラゴンドラで時間を費やしてしまい、降りるとすでに見る予定だったVAMPIRE WEEKEND@Green Stageが始まってた。
しかも、乗り場まで漏れ聞こえてきたのは聞きたかった"Cousins"…

ま、もはやドラゴンドラマジックでいろんなことがどうでもよくなってて、焦っても仕方ないということで、ワールドレストランに寄ってパエリアとサングリアを購入してからグリーンへ。
(そういや、初めて行った2000年のフジロックの時に最後に食べたのがここのパエリアだったなぁ)

で、折りたたみイスに座りながら見れそうなところに行って食いながら観る。
ヴァンパイア・ウィークエンドとパエリアとサングリア、なかなかよいマッチングでした。

食い終わった後、せっかくなので残りのちょっとを前の方で観てたら、客の中に前日出演してたジョン・バトラーがいました!


そうこうしてるうちにライブが終わってしまったので、次はWhite Stageに移動開始。
FOALSを観る。
以前のフジロックのレッドでも観ましたが、今年でた2nd『Total Life Forever』は1stのダンサブルな雰囲気にさらに緻密さを加えた音だったので、1stと2ndの曲が組み合わさることによってライブ全体の幅がかなり広がったような印象を受けるステージ。
スピーカーアンプに登ったり、打楽器連打があった。

"Spanish Sahara"とかすごく良かったんだけど、しいて言えばもうちょっと暗くなる時間帯に観たかったかなぁってのはありましたが・・・


フォールズ終わりで、ホワイト隣のところ天国の河原で一休み。
グリーンのBOOM BOOM SATELLITESとかも観たかったけど、もはや最終日の夕方、しかもドラゴンドラマジックにかかった状態なのでガツガツする気はゼロ…


程なくしてホワイトでLCD SOUNDSYSTEMが始まる時間に。
LCD SOUNDSYSTEMとしての活動を終了することを宣言しているジェームス・マーフィー。
つまり、このフジでのステージが日本でのラストライブになるかもしれないわけで・・・

というわけでラストライブスタート。
LCDっていうとダンス系だけど、ライブだとCDとかで聴くよりかなり肉体的なグルーヴが前面に出る感じ。
ジェイムスのおっさんっぷりもなかなか。
時代の先端を行くレーベルの経営者なんて言われないと気付かないくらい(笑)

それにしても、ほんとにこれで終わってしまうのか?と思うようなライブで、まだまだ観たい!

・・・と思いながらも、どんどんホワイトから人が減っていく。。

私達も後ろ髪を引かれまくりながら移動を開始。


もちろん皆の目的はただ1つ。

苗場の地についにあのRadioheadのトム・ヨークが降臨するのを観るため。

しかも、レッチリのフリーを従えての編成とあれば観ないわけにはいかないでしょう。


ごめん、ジェイムス。。
恨むべくはこんなタイムテーブルにした主催者に文句を言うしかないです。



ここで長くなってきたので、Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part3に続く。


フジロック2010 3日目 セットリスト集

【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09


●3日目 8月1日(日)
five man army / massive attack (blue lines 収録)
safe from harm / massive attack (blue lines 収録)
LIVE WITH ME / MASSIVE ATTACK (Collected 収録)
Paradise Circus / Massive Attack (Heligoland 収録)

Harrowdown Hill / Thom Yorke (The Eraser 収録)

Cousins / Vampire Weekend (Contra 収録)

Day we caught the train / Ocean Colour Scene (Moseley Shoals 収録)

羅針盤 / ASIAN KUNG-FU GENERATION (崩壊アンプリファー 収録)
リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION (ソルファ 収録)
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009@横浜アリーナ 2日目(スピッツ、Ben Folds、HARD-Fi他)

Stellify / Ian Brown (My Way 収録)

Daft Punk Is Playing at My House / LCD Soundsystem (LCD Soundsystem 収録)
tribulation / lcd soundsystem (lcd soundsystem 収録)
Drunk Girls / LCD Soundsystem (This Is Happening 収録)

BALLOONS / FOALS (ANTIDOTES 収録)
This Orient / Foals (Total Life Forever 収録)

LE SOLEIL EST PRES DE MOI / AIR (PREMERS SYMPTOMES 収録)

TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ (山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ、カヒミ・カリィ+菊地成孔)


・FUJI ROCK FESTIVAL'10@世界最長のゴンドラ「ドラゴンドラ」3-1
カテゴリ : Fuji Rock Festival '10 ・ comments(0) K 
2010年08月01日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT