<< Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part2 home Fuji Rock Festival 10 日記 8月2日(月) 帰路〜まとめ #フジロック >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '10
  3. Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part3

Fuji Rock Festival 10 日記 8/1(日) 最終日 part2より続く。

LCDサウンドシステムをなくなく切り上げ、急いでGreen Stageへ。
昼間はみんなゆっくり歩いていたボートウォークも、今はみんな若干速足で。

もちろん目指すはATOMS FOR PEACE

今年のフジロックは、初日のThem Crocked Vultures、2日目のOne Day As A Lionと、いずれもサイドプロジェクトとは思えないスーパーバンドが出演してたけど、その締めくくりはこのATOMS FOR PEACE。
Radioheadトム・ヨークRed Hot Chili Peppersフリーを含むスーパーバンド。

で、ボードウォークの最後の坂を上ってる最中にライブが始まっちゃったようで音が聞こえ始めたので、急いでグリーン前方へ。
そして、スクリーンを見ると、そこにはなんかやけにスポーティーなルックスの男が・・・

よく見ると、タンクトップを着たトム・ヨークがそこに・・・
しかも、頭にはトリコロールのヘアバンド・・・一瞬我が目を疑った(笑)
そしてその横には当然、あのフリーがいるわけで・・・
トムは例のレディへの"Idioteque"に象徴されるようなトムダンスを踊り、その横でフリーは例の独特の身体感覚でベースを弾く。
なんかわかってはいるけど、目の前の状況が上手く飲み込めない。

いやぁそのステージの光景もさることながら、繰り出される音のすごさにしびれた。
基本的には、トムのソロアルバムである『The Eraser』の曲をバンドで演奏するってコンセプトなんだけど、そういった次元を軽く凌駕した音とパフォーマンス。
上手く言葉では言い表せないけど、とにかく凄いものを目の当たりにしてるという感覚だけが全身を覆った。

一通り『The Eraser』の楽曲をやった後、さっさとメンバー退場。
「え?終わり?」って思って焦ってると、しばらくしてトムが1人登場し、トムのソロコーナーへ。
そこでは、"I might be wrong"をアコギで弾き語ったり、1人多重録音で1曲("Give Up The Ghost"というレディオヘッドの新曲っていう噂)やったり、"video tape"をピアノで弾き語ったりとしっとり目に演奏。

それから再び他のメンバーも登場し、数曲。
メンバー紹介もされたけど、ナイジェル・ゴドリッチ(言わずと知れたレディへのプロデューサー)の顔初めて知ったかも。。

さっきも書いたけど、とにかくもう、観終わったときには「すごいものを見た」という言葉しかでないライブでした。



そんな感じで、一気に終わった感は強まったけど、フジロック最終日の夜はまだまだ続く。

というわけで、White Stageに移動しキングモンキーIAN BROWN
イスに座りながらビールを飲みつつマッタリと見る。
さすがに"F.E.A.R."と"Stellify"は立って体を揺らしながら観ました。
途中ゲストでOrange Rangeのナオトが出てきたりと言うサプライズもありつつ、ラストはThe Stone Roses時代の名曲"Fools Gold"で締め。
なんかローゼズナンバーをやるようになって久しいので、あんまりサプライズ感は薄れたけど、やっぱいいなぁ。
(この日は1曲目にも"I Wanna Be Adored"を演ったんだとか)
出来れば、あの4人での演奏を観たいけど。
(ちなみにジョン・スクワイアが"Fools Gold"を演ったのも観たことあります)



ボス猿の後は、いよいよフジロック2010のグリーンステージの最後のヘッドライナーであるMASSIVE ATTACK
オリジナルアルバムとしては7年ぶりとなる『Heligoland』を今年リリースしたということで、否が応にもにも期待が高まる中のライブ。

相変わらず音の深さとLEDを駆使した視界にも訴えるステージセットが混然一体となった独特の世界観を見せつけられるものでした。
おなじみのベテラン・レゲエシンガーのホレス・アンディ(超好き。ソロの楽曲もオススメ!)をはじめ、ゲストヴォーカルも複数登場。
"Teardrop"や"Safe From Harm"等の過去の名曲も当然披露。
特に私が大好きな"Safe From Harm"の時は、過去の運動家や革命家の様々な名言がバックに流され、かなりメッセージ色を打ち出したものになってて迫力がありました。

で、ちょっと「ん?」って思った場面が・・・
それは、"Inertia Creeps"の時だったか、そこにも日本語で様々な時事ニュースを流してたんだけど、そのニュースのチョイスがちょっと・・・
あれはメンバーはほんとにニュースの内容を理解してたのかは疑問でしたが・・・

まぁそんなこともありつつ、やっぱマッシヴいいなぁとか思ってたら、雨が降り始めた・・・



マッシヴ終わりで、オアシスエリアへ。
ここでちょっと腹ごしらえ。
友人オススメのキムチクッパを食らう。
雨が降って気温が一段と下がった苗場にはもってこいです。



体がポカポカしてきたところでいよいよ2010年フジロックグリーンステージ最後のアクト、Special Guest(要するにクロージング・アクト)のSCISSOR SISTERSを観に行く。
彼らが前回フジにやってきたのは2006年。
その時はホワイトステージのトリでの出演で、その時のグリーンのトリはあのレッチリ。
あの日のレッチリはこれまでフジロックに10回以上行ってるけど、過去最高だと思うものすごい客の数。
で、レッチリを途中で切り上げ、ホワイトに行くとかなり寂しい客の入り・・・
でもそこに集まった人たちの盛り上がりはハンパなかったのを覚えてる。

それが満を持してのグリーンの登場ってことで、ステージの規模も客の数も比べ物にならないということで、盛り上がりも倍増。
このスケールこそが彼らにふさわしいって感じ。
雨が徐々に強さを増していくにもかかわらず、というかむしろそれに比例するように演者も客もヴォルテージを増してフジロック10の終わりを惜しむべく踊りまくりのライブでした。


というわけでついにグリーンステージの全日程終了。
恒例の記念撮影及び"Power To The People"でシメ。


シザー・シスターズの際に大雨へと変わったので、Red Marqueeへ避難することに。
レッドに行くと、そこには死体(のように動かない人)がいっぱい。
結局雨に祟られたこの3日間の最後の最後にまた大雨にもなればそりゃ体力の限界にもなりますわな・・・

なので、こちらもなんとかスペースを探してイスに座って体力回復を図る。
そのまま2時間近く座ってマリンこと砂原良徳まで待機。

そんだけ待ったにも関わらずマリンが始まって数分でレッドを後に。
ま、ひと眼だけ観れればよかったので。


オアシスを後にしようとしたところで鮎の塩焼きを無料で配ってるのをもらって食らいつく。
今日で終わりなので全部焼いてその辺の人にあげちゃってた。

その後、オアシスから出口方面への橋を渡った辺りにいた外国人団体の1人が倒れこんでしまい、担架で運ばれていくなんて光景も有りつつ、入場ゲート方面へ。


入場ゲートには恒例の「SEE YOU NEXT YEAR!!」の文字が・・・

ついに今年も終わりか・・・


と思いつつも、終わってしまうのを名残惜しむようにPALACE OF WONDERへ。

友人お勧めのアトラクション「ゾンビー・ショッパー」や、Crystal Palace Tent、ぐるぐる回転するブランコみたいなやつに乗ったりしして、朝まで楽しむ。

ROOKIE A GO-GOのステージセットがどんどん解体されて行く様や、夜が明けてだんだん明るくなっていくのが切ない・・・

そんな切なさを胸に、5時ちょっと前に宿へ帰ることに。


そんな最終日。



今日は、ベストアクト云々というより、ATOMS FOR PEACEでレディオヘッドのトム・ヨークとレッチリのフリーが同じステージに立っているという光景を拝めただけで満足。

後はとにかく、フジロック11年目にして初ドラゴンドラの衝撃が…



Fuji Rock Festival 10 日記 帰路&まとめに続く。


フジロック2010 3日目 セットリスト集


【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09


●3日目 8月1日(日)
five man army / massive attack (blue lines 収録)
safe from harm / massive attack (blue lines 収録)
LIVE WITH ME / MASSIVE ATTACK (Collected 収録)
Paradise Circus / Massive Attack (Heligoland 収録)

Harrowdown Hill / Thom Yorke (The Eraser 収録)

Cousins / Vampire Weekend (Contra 収録)

Day we caught the train / Ocean Colour Scene (Moseley Shoals 収録)

羅針盤 / ASIAN KUNG-FU GENERATION (崩壊アンプリファー 収録)
リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION (ソルファ 収録)
ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009@横浜アリーナ 2日目(スピッツ、Ben Folds、HARD-Fi他)

Stellify / Ian Brown (My Way 収録)

Daft Punk Is Playing at My House / LCD Soundsystem (LCD Soundsystem 収録)
tribulation / lcd soundsystem (lcd soundsystem 収録)
Drunk Girls / LCD Soundsystem (This Is Happening 収録)

BALLOONS / FOALS (ANTIDOTES 収録)
This Orient / Foals (Total Life Forever 収録)

LE SOLEIL EST PRES DE MOI / AIR (PREMERS SYMPTOMES 収録)

TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ (山下洋輔イントロデューシング寺久保エレナ、カヒミ・カリィ+菊地成孔)


・Atoms For Peace @ Fuji Rock '10 - Cymbal Rush
カテゴリ : Fuji Rock Festival '10 ・ comments(0) K 
2010年08月02日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT