<< Hello!!Mr.Coke-High / モーモールルギャバン (BeVeci Calopueno 収録) home Under Cover of Darkness / The Strokes (Angles 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2011)
  3. SonarSound Tokyo@新木場STUDIO COAST / ageHa (Underworld DJs、Flying Lotus 他)

今日は新木場STUDIO COAST(夜のイベントだからageHaが正しい?)で『SonarSound Tokyo』の初日に参戦してきました。

簡単にイベントの説明をすると、ソナー(Sónar)とは、スペイン、バルセロナを拠点とし、世界最大級の規模で開催される最先端音楽とメディア・アートの祭典。
ソナーサウンドとは、オリジナルのフォーマットを適用し、その理念のもと、世界各地で開催されるイベント。
とのことです。

東京で開催は、2002年、2004年、2006年に続き4回目。
私は前回の2006年にも行きました。
sonorsound tokyo 2006 Day1@恵比寿ガーデンプレイス

というわけで、ソナー。
初日のラインナップ&タイムテーブルは下のほうに載せておきます。


日付が4月3日に変わったころに新木場着。
マリン砂原良徳)とかDJクラッシュも見たかったですが、オールなので体力温存して、ゆっくりと。

コーストはしょっちゅう行ってるけど、ageHa自体は初めてなので、IDチェック&黒人のセキュリティさんの厳しいボディチェックを受けて入場。


タイムテーブルを確認し(直前にキャンセルや追加が相次いだので全然把握できてなかったです。。)、酒を買ってからSonarComplexにてQetic presents 'The Pineal Gland'を見てきた。
内容としては、
Qeticが仕掛ける体感型映像インスタレーション。アラキツヨシ(at-scelta)による映像プログラミング「第三の目」をコンセプトに精神世界をヴィジュアライズ。
音楽はEli Walks(イーライ・ウォークス)が手掛ける。
とのこと。

イーライのビートと、アラキツヨシがライトのついた小型カメラで映像を撮影しそれをミックスしたものをスクリーンに映すということをやってて、不思議な映像とビート、そしてアルコールが合わさってなかなか心地よい感じで頭がぼーっとしたままそれを眺めてきた。
そして、Jun Inoue(イノウエジュン)という人が登場し、2つあるスクリーンの手前側、小さい方にライブペインティングを。
これもなかなか面白かったけど、まぁ正直すごいのかどうかは私のような凡人にはわかりません(笑)


「The Pineal Gland」が終わり、しばらく椅子に座って休んでから、メインステージのSonarClubへ。

もちろん、お目当てはFlying Lotusフライング・ロータス)。
オールナイトイベントだと、大体この時間に出演するアーティストがイベントの目玉だったりしますね。

フライング・ロータスは、2009年のエレグラでもちょこっと見ました
今日は、スティーヴン・エリソンのほか、ベーシストとキーボーディストを従えての3人編成で。

時間よりちょっと押して3人が登場。
最初、やたらファンキーな格好のベースの人に目を取られてたら、良く見るとスティーヴン、ドラゴンボールの「亀」と書かれた「亀仙流道着」を着てた(笑)
なんか彼の音楽をCDとかで聴いてたらストイックな印象を受けるけど、前回観た時もよくよく考えるとパーティー好きの兄ちゃんって感じだったなぁと思いだした。

ちなみに他2人は、
ベース:サンダー・キャット(SUICIDAL TENDENCIES)
キーボード:ドリアン・コンセプト(オーストリアの天才ビートメイカー)
だそうです。

いやぁそれにしても楽しかった。
いわゆるテクノなエレクトリックビートとヒップ・ホップの絶妙な配分具合にやられた。
後は、ベースがブリブリ言ってましたね。
Radioheadの"idioteque"なネタも入ったりして、スペシャルゲストでトム・ヨーク出てこないかなぁ(『Cosmogramma』に参加しています)とか淡い期待は、もちろん叶わなかったけど。

最後は、カメハメ波まで撃っちゃって(って撃ってはないですね(笑))、終始盛り上がりまくりました。


とまぁそんなフライング・ロータスが終わり、一休み。
・・・と行きたいところですが、次は急遽出演が決まったUNDERWORLDのライブ、もといアンダーワルドのKarl Hydeカール・ハイド)とDarren Priceダレン・プライス)のDJセット。
それを、最前列(端っこの方だけど)で被り付きで観た。

今回の出演にあたってのカール・ハイドから以下のようなコメントが寄せられています。
僕達が愛してやまない国が大変な苦難を強いられているのを見るのは、言葉では表現できないほど悲しい。微力ながら日本のみなさんに毎日思いを馳せ、お祈りを捧げています。

カール、あんたはカッコイイ!

定刻より1分ほど早いくらいに2人が登場。
昨年来日した時もコーストでやってますが、それは行けてないので、こんなに近くで見れるだけでちょっと興奮。
(これまでフジロックやらエレグラやらでしか見たことなかったので)

近くで見るカールおじさんは今年で確か50歳だけど、スレンダーな体型を維持しててすごい。
腹出てないし。
それは、今日のステージを見てて納得いった。
無茶苦茶動くのだ。

もちろんDJをやってるときはターンテーブルを前に軽く乗る程度なんだけど、ひとたびアンダーワールドネタがでると、DJはダレンに任せて、ステージに前にぐいぐい出てきて踊りまくる。
しかも、超華麗なステップで!

ちなみに私がわかった分だけでも"Born Slippy"と"Cowgirl"と"Pearl's Girl"をかけたかな。
その度にフロアは大熱狂へ。

そりゃそうだわな。
前に出てきたときには手を伸ばしたらカールがタッチしてくれたし、"Pearl's Girl"ではターンテーブルを載せている台の上でカールが歌ったりして、興奮しっぱなし。

アンダーワールドネタ以外ももちろん盛り上がって、最後の方にはフライング・ロータスのスティーヴンやベースの人も出てきたり。
(DJ開始早々にもスティーヴンはステージに一瞬出てきてフロアの写真撮ったりしてた)
その時にスティーヴンにもタッチ。
もうほぼミーハー状態ですが・・・

で、いったんステージが終わるも、アンコールにこたえて再登場。

そして、前半に続き、"Born Slippy"を再投下。
今度はオリジナルアレンジで。
どんなリミックスもやっぱりこのオリジナルの祝祭感には負けますね。

それに合わせて、カールが歌い踊り、フロアもここぞとばかり盛り上がって大団円。

再度ステージから下がるも、再登場し客電をつけて挨拶して帰ってった。


気づけば脚はパンパンで、喉も嗄れ涸れ。
楽しかった。

そんな感じで、SonarSound Tokyoの初日終了。


東日本大震災後、初めて行くライブだったんですが、やっぱ楽しい。
ここ数週間、そしてこの日当日もいろいろあったんだけど、いい意味でいろんなことが吹っ切れた気がする。

なんだか、ポジティヴに生きていこう!と思わされました。

セットリストはよくわかんないので割愛。
以下、タイムテーブル。

●2011年4月2日(土)SónarSound Tokyo 開場21時 Timetable
SonarClub
22:15 - :: Ryoji Ikeda
23:15 - :: Y.Sunahara
00:30 - :: DJ Krush
01:45 - :: Flying Lotus
03:15 - :: Karl Hyde & Darren Price (Underworld DJs)

SonarDome
21:45 - :: Makoto
23:00 - :: Daisuke Tanabe
00:00 - :: DJ KENTARO
01:00 - :: Patrice Baumel
02:30 - :: Axel Boman

SonarLab
22:00 - :: Azzxsss
23:30 - :: DJ Scotch Egg
00:20 - :: Hiroshi Kawanabe
01:50 - :: Altz

SonarComplex
22:00 - :: Finisterrae
23:30 - :: Yosuke Fuyama
00:30 - :: Qetic presents 'The Pineal Gland'
01:30 - :: Reiko Imanishi + Ken Furudate
02:30 - :: Masato TSUTSUI x Ametsub
03:30 - :: Zen TV 2

ちなみに、2日目となる3日は、お昼から。
BattlesとかROVOとか出ます。
こちらも行きたかったけど、仕事で断念。
てか、オール明けで昼からはつらいでしょう・・・

【サイト内関連記事】
sonarsound tokyo 2006 Day1@恵比寿ガーデンプレイス
SonarSound Tokyo@新木場STUDIO COAST / ageHa (The Cinematic Orchestra、Vincent Gallo、Jesse Boykins lll 他)
Two Months Off / Underworld (A Hundred Days Off 収録)
REZ/COWGIRL / Underworld (EVERYTHING, EVERYTHING 収録)
electraglide 2005@幕張メッセ 国際展示場3番ホール (UNDERWORLD、AUTECHRE、CHRIS CUNNINGHAM 他)
SONICMANIA 2011@幕張メッセ (UNDERWORLD、primal scream 他)
I Exhale / Underworld (Barbara Barbara, we face a shining future 収録)
..And the World Laughs with You / Flying Lotus (Cosmogramma 収録)
See Thru To U feat. Erykah Badu / Flying Lotus (Until The Quiet Comes 収録)
electraglide 2012@幕張メッセ国際展示場 (SQUAREPUSHER、FLYING LOTUS、ORBITAL、電気グルーヴ、AMON TOBIN ISAM 他)
BRAINFEEDER 4@新木場ageHa (FLYING LOTUS、CAPTAIN MURPHY、THUNDERCAT 他)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2011) ・ comments(0)  
2011年04月03日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails