<< Happy Pills / Norah Jones (...Little Broken Hearts 収録) home Green / Paul Weller (Sonik Kicks 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2012)
  3. MANIC STREET PREACHERS@新木場STUDIO COAST (guest:Gruff Rhys)

MANIC STREET PREACHERSマニック・ストリート・プリーチャーズ)のライブを見に新木場STUDIO COASTへ。

つい昨年もスタジオ・コーストで観ましたが、今回はその時の来日とは違う趣き。

昨年リリースした2枚組のベスト盤(シングル集)『National Treasures singles collection』(国宝とは言い得て妙!)に収録された曲を、今日・明日の2日間かけて演奏するというもの。
(一部、収録されてない曲も披露)

ちなみに、昨年末、12月17日に、ロンドンはO2アリーナ公演で1日で全部やったライブは完売だったらしい。
(この時のセトリを下の方に載せときます。日本でも武道館とかで1日でやっても良かったと思うんだけど・・・)

というわけで、初日。

まずは2日ともオープニングアクトを務める、マニックスと同郷ウェールズ出身のSuper Furry Animalsスーパー・ファーリー・アニマルズ)のフロントマン、Gruff Rhysグリフ・リース)のソロから。

1人でギターを弾きながらリズムボックスや、キーボード、その他変なエフェクトかけるやつとかを使って超DIYなライブ。
SFAも何回かライブ見たことあるけど、ソロもなかなか面白い。

最後は、手書きした「拍手お願いします。」、「ありがとね。」「おしまい。」って紙を見せて終了。
20分ちょっとという短い時間だったけど楽しかった。



さて、いよいよマニックス。
今日はステージ向かって右側、ニッキー側の位置に陣取ってみた。
ニッキーの飾りのいっぱいついたマイクスタンドが置かれるだけでテンション上がる!

グリフの時からすでにセットされてたけど、ステージ後ろには大きく女性の肖像画が書かれた幕が張られ、ステージ上にはキラキラしたマネキンや、桜の木を模したであろうものが立ってた。
もちろん、ウェールズの国旗も誇らしげに飾られてた!


そして、暗転しメンバー登場。
3人に加え、ギターとキーボードでサポート2人加えた編成。

ニッキーはSex PistolsやStar Warsの刺繍の入った派手なジャケットを着てて(残念ながらミニスカではなかったです)、ジェームスは普通のシャツなんだけど肩にウェールズの紋章のワッペンをつけてた。
ショーンは・・・特に特徴なかったです(笑)


で、お待ちかねの1曲目は、なんと"Motorcycle Emptiness"!!。
1曲目からぶちかましてくれた!
シングル集のライブとはいえ、その中でも名曲中の名曲からスタート。

か、かっこいい!

もちろん、モッシュ&大合唱。

次も畳みかけるように・・・と言いたいところだけど、意外と落ち着いた選曲へと流れる。
"Your Love Alone Is Not Enough"とか"(It's Not War) Just the End of Love"等の比較的最近の曲を。

と、油断させておいての"Australia"。
やっぱり個人的に好きな、というか世間的に一番売れた時期の4th『Everything Must Go』〜5th『This Is My Truth Tell Me Yours』の時期の曲は盛り上がる!

さらに1st『Generation Terrorists』からの"Love's Sweet Exile"でさらなる盛り上がり。
曲の前にニッキーが、20年前の初来日時のクラブチッタの話とかしてた。

結構、1曲1曲始まる前にジェームス(たまにニッキー)が曲の説明とかしてたな。
これ、まとめて解説集とか出してほしいな。


ここからいくつかハイライトのみをかいつまんで。

"The Everlasting"では、バックの桜の木が光ってすごくきれいだった。
(その後、要所要所で光ってました)

今の日本で聴く"Tsunami"は感慨深いし、日本でのみシングルカットされた"Further Away"の弾き語り、そして、1988年に自主制作でリリースされていた"Suicide Alley"なんていうレアな曲をやったり。

とまぁなかなか面白いセトリだったんだけど、2日間でやるにしては若干地味目の曲が多いかなって思ったところに、"Motown Junk"投下。

今日一番の盛り上がりを見せ、さらに続けて、全英No.1ヒット曲"If You Tolerate This Your Children Will Be Next"へ。

もう最高!

もっともっと、って思ったら、ここで本日のセット終了。

うーむ、物足りない。
あの曲もあの曲もあの曲も・・・やってない。。

そして、明日は仕事で行けない。。
残念すぎる。

ま、マニックスは過去に何度か見てて、代表曲は結構聴けてるので、今日は普段聞けないレア曲がその分いっぱい聞けたということで、満足することにします。

明日行く人はお楽しみに。

以下、セットリスト。
(明日のセットリストも後ほど追記します)

2012.05.17 MANIC STREET PREACHERS@新木場STUDIO COAST Setlist

01. Motorcycle Emptiness (from Generation Terrorists, 1992)
02. Your Love Alone Is Not Enough (from Send Away the Tigers, 2007)
03. Ocean Spray (from Know Your Enemy, 2001)
04. (It's Not War) Just the End of Love (from Postcards from a Young Man, 2010)
05. Australia (from Everything Must Go, 1996)
06. Love's Sweet Exile (single version, originally from Generation Terrorists, 1992)
07. She Is Suffering (from The Holy Bible, 1994)
08. From Despair to Where (from Gold Against the Soul, 1993)
09. The Everlasting (from This Is My Truth Tell Me Yours, 1998)
10. Empty Souls (from Lifeblood, 2004)
11. Revol (from The Holy Bible, 1994)
12. There by the Grace of God (from Forever Delayed, 2002)
13. Tsunami (from This Is My Truth Tell Me Yours, 1998)
14. Further Away (アコースティック) (from Everything Must Go, 1996)
15. Suicide Alley (from "Suicide Alley" single, 1988)
16. Life Becoming a Landslide (from Gold Against the Soul, 1993)
17. This Is the Day (New Song, 2011)
18. Some Kind of Nothingness (from Postcards from a Young Man, 2010)
19. Little Baby Nothing (edit, originally from Generation Terrorists, 1992)
20. Motown Junk (from "Motown Junk" single, 1991)
21. If You Tolerate This Your Children Will Be Next (from This Is My Truth Tell Me Yours, 1998)


以下、今日やってない残りの曲。

・Disc One
2. Stay Beautiful (from Generation Terrorists, 1992)
4. You Love Us (from Generation Terrorists, 1992)
5. Slash 'N' Burn (from Generation Terrorists, 1992)
7. Suicide Is Painless (Theme from M*A*S*H) (from Theme From M.A.S.H. (Suicide Is Painless) single, 1992)
10. La Tristesse Durera (Scream to a Sigh) (from Gold Against the Soul, 1993)
11. Roses in the Hospital (from Gold Against the Soul, 1993)
13. Faster (from The Holy Bible, 1994)
16. A Design for Life (from Everything Must Go, 1996)
17. Everything Must Go (from Everything Must Go, 1996)
18. Kevin Carter (from Everything Must Go, 1996)

・Disc Two
3. You Stole the Sun from My Heart (from This Is My Truth Tell Me Yours, 1998)
5. The Masses Against the Classes (from "The Masses Against the Classes" single, 2000)
6. So Why So Sad (from Know Your Enemy, 2001)
7. Found That Soul (from Know Your Enemy, 2001)
9. Let Robeson Sing (from Know Your Enemy, 2001)
11. The Love of Richard Nixon (from Lifeblood, 2004)
14. Autumnsong (from Send Away the Tigers, 2007)
15. Indian Summer (from Send Away the Tigers, 2007)
18. Postcards from a Young Man (from Postcards from a Young Man, 2010)¥




【サイト内関連記事】
Peeled Apples / MANIC STREET PREACHERS (JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS 収録)
YES / MANIC STREET PREACHERS (THE HOLY BIBLE 収録)
Your Love Alone Is Not Enough / Manic Street Preachers (Send Away the Tigers 収録)
A DESIGN FOR LIFE / MANIC STREET PREACHERS (EVERYTHING MUST GO 収録)
CARDIFF AFTERLIFE / MANIC STREET PREACHERS (LIFEBLOOD 収録)
EVERYTHING MUST GO / MANIC STREET PREACHERS (EVERYTHING MUST GO 収録)
MANIC STREET PREACHERS@新木場STUDIO COAST (guest:Carl Barat)
【同じカテゴリの最新記事】
・2011.12.17 Manic Street Preachers@O2 Arena, London, England Setlist

First part
01. You Stole The Sun From My Heart
02. Love's Sweet Exile
03. Motorcycle Emptiness
04. (It's Not War) Just The End Of Love
05. Everything Must Go
06. She is Suffering
07. From Despair To Where
08. Autumnsong
09. Empty Souls
10. Let Robeson Sing (with Gruff Rhys)
11. Faster
12. Life Becoming a Landslide
13. Kevin Carter
14. Little Baby Nothing
15. This Is The Day (The The cover)
16. The Everlasting
17. Indian Summer
18. Stay Beautiful
19. If You Tolerate This Your Children Will Be Next

Second part
20. Australia
21. La Tristesse Durera (Scream to a Sigh)
22. Found That Soul
23. There by the Grace of God
24. Some Kind Of Nothingness
25. You Love Us
26. Suicide is Painless (Theme from MASH) (Johnny Mandel cover)
27. Revol
28. The Love Of Richard Nixon
29. Ocean Spray
30. The Masses Against the Classes
31. Roses in the Hospital
32. So Why So Sad
33. Postcards From A Young Man
34. Your Love Alone Is Not Enough (with Nina Persson)
35. Slash 'n' Burn
36. Tsunami
37. Motown Junk
38. A Design For Life
カテゴリ : LIVE (2012) ・ comments(2) K 
2012年05月17日(木)

COMMENT
K    (2012.05.18 Fri 10:16)
>のんち さん
はじめまして!
"Little Baby Nothing"抜けてました、ありがとうございます。
訂正しました。

マニックスの活動休止は悲しいですけど、その前にこうして日本に来てくれたのは嬉しいですね。
その休止が永遠のものではなく、すぐに戻ってきてくれるのを願うしかないですね。

なおさら、2日目も行きたかったですが・・
のんち    (2012.05.18 Fri 02:50)
K様、はじめまして♪

私もマニックス初日参戦しまして、セトリを探していたところです。
K様の感想読んだだけで、さっきまでの興奮がフラッシュバックします…

実はニッキーがインタビューで活動休止宣言したのを、帰りの電車で知ったんで、ショックも大きいんですが泣

18日も行きたかったです泣

ところでセトリを保存させて頂こうとして気付いたのですが、Little Baby Nothingは昨日演奏されていたと記憶しています。何曲目か忘れちゃいましたが、中盤あたりかな??

行けないけど、18日も盛り上がりそうですね♪
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails