<< Let's Buy Happiness@Hoxton Square Bar & Kitchen in London (Memory Maze、Alice Jemima) home The Fox (What Does the Fox Say?) / Ylvis >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2013)
  3. モーモールルギャバン@Zepp Tokyo 『URBAN NIGHT! 騒ぎまSHouT!』 感想&セットリスト

モーモールルギャバンのツアー『URBAN NIGHT! 騒ぎまSHouT!』ツアーファイナル、Zepp Tokyo公演に行ってきました。

シングル『LoVe SHouT!』リリースに伴ってのツアーということで、本数は多くはないし、アルバムは出てないので、基本的には既発曲が中心のセトリ。

まずはシングルのカップリングのインスト曲"MAD MADONNA"からスタート。

どんどん衣装とメイクが派手になって行くキーボードのユコ・カティ。
実は何気に一番変態っぽい(笑)、ベースのT-マルガリータ。
そして、パンツ一丁(ま、厳密には二丁)にネクタイという姿のゲイリー・ビッチェ。

なんかもう過剰なんだかシンプルなんだかよくわからない3人組から、エネルギーの固まりのような音が発せられる。
のっけから最高!

と、書いてみたけど、ライブを見進めて行って感じたのは、見た目のインパクトは置いておいて、音や演出がシンプルになって行ってるような気がした。
昔はよくあった、くだらない(けど面白い)MCも比較的少なめに、演奏に集中し、曲を生かす事を最優先にしているのが明らかに見て取れたと思う。

今までのある意味イロモノ的な立ち位置から少しずつ脱却しようとしてるのかなと思いました。

かといってふざけた要素もここぞというところで放り込んでくるところがさすが。

この日は"パンティー泥棒の唄"の時に「アーバンナイト、デストローイ!」と叫んだり、「イケメンですみませーん」と言ったら客席から「ハゲー」って一斉に言われたり。

後は、"野口、久津川で爆死"の時、急に「なーななーななーななー」とH Jungle with Tの"WOW WOW TONIGHT"のメロをなぜか歌いだしたりやりたい放題。

そんな野口ではマルが「よくマルさんてゲイなんですか?」って聞かれるって話を(笑)
ちなみにゲイの気はない(毛はある)そうです。


とかまぁいろいろ書きましたが、基本ライブ中は夢中になって飛んだり跳ねたりで汗だく。

2回のアンコールを含む、約2時間のライブでもうクタクタ。
まぁメンバーはもっとクタクタだろうな。。

次は、アルバムかな。
その時も絶対ライブ見に行こう。

あ、なぜかこの日の最後は"ユキちゃん"で、その終わりの所でピチカート・ファイブの"東京は夜の七時"をゲイリーが歌って終了しました。
アレはなんだったんだろう(笑)


2013.10.19 モーモールルギャバン@Zepp Tokyo Setlist

01. MAD MADONNA
02. いつか君に殺されても
03. 細胞9
04. ベベッチ カロプーノ
05. Hello!! Mr.Coke-High
06. ATTENTION!
07. 琵琶湖とメガネと君
08. パンティー泥棒の唄
09. POP!烏龍ハイ!
10. Good Bye Thank You
11. それは悲しい唄のように
12. 821
13. 愛と平和の使者
14. 裸族
15. LoVe SHouT!
16. 野口、久津川で爆死
17. ユキちゃんの遺伝子
18. スシェンコ・トロブリスキー
19. サノバ・ビッチェ
20. サイケな恋人
---encore1---
21. 悲しみは地下鉄で
---encore2---
22. MY SHELLY
23. ユキちゃん





【サイト内関連記事】
スペースシャワー列伝 〜第八十巻 夢喰(バク)の宴〜@新宿LOFT (SxOxU、plenty、小林太郎、your gold, my pink、モーモールルギャバン、チャラン・ポ・ランタン)
POP!烏龍ハイ / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
サイケな恋人 / モーモールルギャバン (野口、久津川で爆死 収録)
cutman-booche presents 『東名阪 boosoul 2010-SUMMER!「Hello, Are you there ?」TOUR』@代官山UNIT (guest:モーモールルギャバン、竹内電気)
Hello!!Mr.Coke-High / モーモールルギャバン (BeVeci Calopueno 収録)
モーモールルギャバン@恵比寿LIQUIDROOM 『Oneman The BeVeci Calo☆Too-Ah』
ヨシオカ トシカズ produces WE BANG! BE READY@Shibuya O-EAST (モーモールルギャバン、嘘つきバービー、マッカーサーアコンチ、雅-MIYAVI-)
モーモールルギャバン@Zepp Tokyo
日芸ROCKS@日本大学芸術学部 (モーモールルギャバン、0.8秒と衝撃。) 感想&セットリスト
モーモールルギャバン@新木場STUDIO COAST セットリスト&感想 
モテキナイツ@Shibuya O-EAST (ZAZEN BOYS、モーモールルギャバン、OKAMOTO’S、GOMA & The Jungle Rhythm Section、女王蜂 他) 感想&セットリスト #moteki
【同じカテゴリの最新記事】
■モーモールルギャバン「URBAN NIGHT! 騒ぎまSHouT!」 日程

2013年9月14日(土)北海道 札幌PENNY LANE24
2013年9月21日(土)福岡県 福岡DRUM Be-1
2013年9月29日(日)宮城県 仙台CLUB JUNK BOX
2013年10月5日(土)大阪府 なんばHatch
2013年10月12日(土)愛知県 名古屋CLUB DIAMOND HALL
2013年10月19日(土)東京都 Zepp Tokyo
カテゴリ : LIVE (2013) ・ comments(0)  
2013年10月19日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails